ずいぶん前になってしまうねぇ。

ジャパンタイムズの販売促進をやっていた。

担当の方が「うちはローカルな新聞でして」とおっしゃていて。

どうにも、英字新聞とローカルという言葉が結びつかなかったんだ。じつはネ。

文案には「国際化」という言葉をよく使っていたとおもう。

こちらも、いまだから白状するけれど、よくわからないまま使っていました。

いい機会なので、ウィキペディアで調べてみよう。

「国際化 (英語 Internationalization)とは、複数の国家が相互に結びつきを強め、相互に共同して行動したり、互いに経済的、文化的に影響をあたえあう事象全般をさし、国際化社会とは国際化の進展していることを指す」

こうである。

国際化とは、国と国の間の言葉のようだ。たとえば国の閣僚や官僚諸君が使うような言葉みたいなんだなぁ。

ということは、(僕を含めて)国際化という言葉を使うのは、僭越なのネ。

先に書いたとおり、ジャパンタイムズで「国際化」という言葉をよく使っていたけれど、読者のことをイメージすれば、やはり「国際化」という言葉は、そぐわないのであった。ジャパンタイムズよ、すまなかった。