JavaScriptのオブジェクトについて。

オブジェクトは、こう書く。
{}

そのなかには、文字や数字を格納することができる。
{model:’iPhone’ ,type:6}

オブジェクトは変数の中に入れることができる。
smartPhone = {model:’iPhone’,type:6};

便宜上、コードのレイアウトを変えてみよう。
smartPhone ={
model: ‘iPhone’,
type:6
}

オブジェクトは関数を格納できたりもする。
smartPhone ={
model: ‘iPhone’,
type:6,
explanation: function(){
console.log(‘もうすぐ4年目。新しいiPhoneがほしー!’)
   }
}

格納した関数…メソッドという…を呼び出してみる。
smartPhone.explanation();

出力結果

>もうすぐ4年目。新しいiPhoneがほしー!

以上