「先頭」の反対語は「後尾」である。

「後尾」には最後のニュアンスがあるけれど、「先頭」には、それがない。

それに対し、英語では「バックエンド」に対して、「フロントエンド」というコトバがある。

なにせ、前の最後だぜ。どうだい、違和感があるだろうって、

ま、それは、いいや。

フロントエンド・エンジニアについて書きたかったんだ。

バックエンドがサーバー側のプログラミングなら、フロントエンドはブラウザーに表示させるプログラムだ。

だから、フロントエンド・エンジニアは、ブラウザーに表示させるプログラムを書いたりする職種、だとおもう。

もっとも、そうはっきり分かれているわけではないので、バックエンドのプログラミングだって書くことはあるだろう。

それにしても、フロントエンドというと、

たとえばJavascriptなら、ReactやExpressなど、いろいろなフレームワークがある。テンプレート・エンジンだって、pugなど、さまざまだ。

うつりかわりだって、はやい。

そうおもうと、フロントエンド・エンジニアっていうのは、あわただしくて、たいへんだとおもうわけ。

まずは、どんなアプリケーションをつくるかを目標をはっきりさせて、それにあったものを採用していくのかねぇ。