ブログのエディター

かんたんなウェッブサイトなら、手書きのHTMLとCSSでつくれてしまう。

しかし、動的なウェッブサイトにしようとすると、じぶんデータベースのプログラムを書いたり、そうとう、たいへん、

なので、既存のフレームワークをつかったりするわけネ。

げんざいはWordPressを利用している。初歩的なCSSの知識があれば、手順を覚えれば、けっこう、カッコいいウェッブサイトをつくれてしまう。

もともとWordPressはブログを書き、データベースに保存するフレームワークなわけで。それをウェッブサイトにもつくれるような仕様にもなっているので、多くの人や企業は、これをつかい、じぶんの、あるいは自社のウェッブサイトをつくっていたりする。

WordPressは、さいきん、5系にバージョンアップされた。エディタも大幅に変更されている。まだまだ、なれない。そのかわり、いぜんから利用していた、エディタを多機能にするプラグインTiny MCE Advancedを引き続きつかい、慣れた書きやすさを担保している。

ブログを書くばあい、エディタはつかいやすいほうがよい。

自前のブログでなくても、はてなや、さいきんならNoteのブログもつかいやすいんじゃないかねぇ。

あ、そういうえば、ついさいきんNoteを、ためしはじめたりしましたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。