メルカリと仮想通貨

メルカリをたとえにして、仮想通貨を説明してみようか。うまく、いくかどうか、わからない。

メルカリは不要なものを売り、必要なものを買うプラットフォームだ。

それだけなら、友だちやご近所どおしで、「不要・必要」リストを作成し、つきあわせれば、できてしまう。

メルカリのすごさは、知らない人どおしで「物々交換」を可能にしたことにある。

その点、仮想通貨も同様のことが言える。

ネット上の知らない者どおしで、仮想通貨と、モノやサービスが交換できてしまう。

こここで言っておくけれど、メルカリはたとえネ。

メルカリと仮想通貨では、アルゴリズムがまったく、ちがう。

もっとも、メルカリも将来的に仮想通貨を導入するというウワサもある。

そのさいは、ビットコインやイーサリアムのようなパブリック型ではなく、

メルカリ関係者がマイナー(その通貨の発掘者)となるプライベート型になるだろうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。