あいかわらず、ブラウザーにはChromeをつかっている。ただ、たまにバグるときがある。

そのときは、かわりにBraveをつかったりしている。

Braveは、一方的な広告表示やトラッキングがブロックされるようになっている。

そのかわり、逆に「いいね」的なウェッブサイトに対して、ユーザーはBraveとヒモついている仮想通貨BATを投げ銭できる。

ちなみに、このウェッブサイト(鶴巻事務所のウェッブサイト)も、仮想通貨BATを投げ銭することができる。ただし、げんざいのところ実績はゼロなのだ。

Ethereumは、Rinkby Authenticatedにて用立てることができた。入手したEthereumを円に換算して「マジか」とおもったけれど…これはテスト用にしかつかえない立て付けになっていて。「ま、そんなもんだろう」とおもったりもしている。

仮想通貨を、なにも交換所から購入することもなく。うだうだしながら、なんとなくゲットしていく方が気楽だし、俺の好みですねぇ。