パラダイムがちがうって

 

法人化には、いくつかのメルクマールがある。

ひとつの旗印として、売上げ規模というのがあるでしょう。

たとえば法人なら法人ならではの必要経費が認められるから。

有限会社 鶴巻事務所の場合は、事情がちがった。

当初、大手電機メーカーとは、フリーランスのコピーライターとして取引していた。

けれど先方から、「個人では困る」とかなんとか言われまして。で、法人にしたんですねぇ。

ま、そういう経緯もあり、いつのまにか、ウチの取引口座で広告制作をまとめて受注し、

(個人では取引口座ができない)フリーのデザイナー、イラストレーター、カメラマンに仕事を割り振ったり、報酬を支払っていたわけネ。

手形を処理する際には、引き受けを依頼していた信用金庫の部長さんが、わざわざいらして、「設備機器を入れる予定があるなら、なんとか、ひとつ」とか、おしゃってサ。

電子部品を製造する会社と勘違いされたりして、あのときは、ちょっと、おもしろかったわぁ…って、あっ、不謹慎でしたか、すみません。

えーと。ハナシが脱線してしまいましたか。法人についてのハナシでしたね。

有限会社 鶴巻事務所における仕事の図式は、こんな感じなのであった。

 



図に書いたように、仕事やお金の流れは一方的だ。

で、この「一方的」には常々、思っていることがあったりして。

急に大上段な話題になるわけネ。

工業化社会というのがある。それは文字どおり、主に工業製品を作る社会である。

工業製品の製造は、上流から下流へとラインを流れてゆく。

商品の流れも似ていて、メーカから卸し、小売りへと流れてゆく。

情報については、テレビ番組ならテレビ局から視聴者へ、記事なら新聞社から読者へと一方的に流れていく。

仕事も流れも、会社なら社内で、下請け、孫請けならクライアントから一方へと流れていく。

というわけで、工業化社会というのは「一方的」というのが、キーワードなわけネ。

で、工業社会に対して、50年以上まえ、アルビン・トフラーの「第三の波」よりはやく、情報化社会を唱えた方がいらっしゃる。梅棹忠夫先生だ。

ただし工業化社会まっただ中の予見なので、情報化社会を担うツールまでは、触れられていない。

情報化社会を担うツールって、なんだろう。いまなら言えるネ。ずばり、インターネットである。

インターネットの隠喩は、「一方的」を特徴とする工業社会のそれとは異なる。

分散的であり、シェアである。

なので先で示した手書きの図式は、必ずしも有用ではない、というかズレている。

情報化社会が主役になるなか、つぎのように書きかえてみたりも、したくなる。

 



クライアントは、プラットフォームに仕事をリクエストする。

そして、そのリクエストをみたコピーライターやデザイナーたちは条件をみて応募する。あとは折り合いがつけば、仕事をすすめてゆく。

こういうやり方は、やはりプログラミングが先行していて。たとえばGitHubを利用したオープンソースでの開発なんか、そうだわネ。

ま、広告制作や、そのほかも、こういうイメージになっていくと思う、というか、一部、もうなっているけれどサ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。