ずいぶん前になるなぁ。

TimeMachine(OSXのバックアップ用ソフトウェア)と、サードパーティの外付けハードディスクを関連付ける設定に、エラく手間取った覚えがあるんだ。

でも、いまふり返ってみると、データのバックアップは、そんなに必死になることだったのかねぇ。もっとも、いままでMacのストレイジが故障したことがないので、そんなことが言えるわけだけれど。。。

オッケー、言い方をかえよう。

不測の事態にたいしては、バックアップはたしかに必要である。

ただ、なにがなんでもファイルを保存すること(TimeMathineのばあいは、ファイルが自動的に保存されていくこと)は、そんなに必要なことなのか。 けっきょく、死蔵しているファイルだらけに、なりゃしないか。

だったら、クラウド側にデータが上がり、そこに用意されているアルゴリズムで整理されて、またこちら側から有用な情報を見れたほうが、よほど合理的じゃないかねぇ。