認知はAIの方が得意だ。

日々、そう思うようになってきている。

ただし、その一方で、なんとなく実感がないのは、AIの遍在はクラウド上にあるからだとおもう。

落合陽一が指摘しているように、気づいたころには、一部の「ビックブラザー」がAIの環境を専有しているだろう。

それはグーグルやアマゾンだったりするかもしれない。

さいきん、データは石油にたとえられる。

製品に対して、それを動かすために必要な石油。AIのばあいは、データが必須というわけだ。

データは、プライバシーと背中あわせの存在だ。

フェイスブックは、ユーザーのプライバシーの問題で、岐路に立たされている。来週、親分のザッカーバーグは議会証言に立つらしい。

それにあわせるように、アップルの大将のティム・クックは、同社のプライバシー・ポリシーを強調している。それに触れて、またアップルが好きになったりして。ちょっとだけネ。

AIがフリーで利用できるということは、(言い方は適切ではないかもしれないけれど)プライバシーを売っているわけだもんなぁ。ならば、プライバシー・ポリシーを徹底しているアップル製品は、価格が高めでも買う価値があったりする。

フェイスブックは、ほぼ利用していない。問題はグーグルとの付き合い方なんだよねぇ。