家電というのは、わかりやすい。

冷蔵庫は食品を冷やし保存するもの、洗濯機は衣類を洗うもの、炊飯器はご飯を炊くものである。

では、iPhoneの目標はなんだろう? iPadの、それはなんだろう?

それについての答えはないけれど、なぜ答えがないのかについては、意外にカンタンだ。

それは、iPhoneにしても、iPadにしても、つかうひとが任意のアプリケーションをインストールして、つかっているからだ(ひと、それぞれだもんネ)。

で、はなしをもとに戻すと、家電がわかりやすいのは、たとえば炊飯器はご飯を炊くという、ひとつのアプリケーションしかないからなんだワ。

来月には、あたらしいAppleWatchが発表される噂がある。

いままでのシリーズをみていて、AppleWatchがイマイチなのは、そのアプリにあるとおもう。

AppleWatchとiPhoneのアプリが重複している。

Apple Watchは腕にまく。腕は、ひんぱんに前後に大きく動かしている。だから、ポケットやカバンに入れておくiPhoneとはちがうアプリケーションを優先すべきだ。別の言い方をすれば、加速度センサーやジャイロセンサーを最大限に活用するアプリが求められる。

腕にまく、もうひとつの着目点は、肌にじかに触れているという点にある、とおもう。脈拍や体温(こちら測定できるのかな)はもちろん、血糖値そのほかのデータを有効活用すべきだ。その点、現状のアクティビティという、ひとつの方向性は正しいよね。

(たぶん)来月に開催されるアップルの発表会。AppleWatchはどうなるかねぇ。