「飢餓からの脱出」

1)食べ物の近くに住んでいた。

土人というのかねぇ。

何万年前、ぼくたちの祖先たちは大地から生える植物、そして木の実を食べ、生命をつないでいただろう。

それでも植物や木の実は季節によるし、その年によっては、実りは少なかった。

なので、いつでも、そこに行けば採れる貝を食べた。その場で食べたり、すぐ近くの住居に戻って食べた。土器のない時代なので、生で食べた。捨てた貝殻は、げんざい、貝塚で確認できたりする。その一。

コメの栽培は低湿地で行なわれてきた。洪水の危険にさらされながら、移動することなく、その地に定住した。その二。

その一、その二から => ロジスティックスの発達する前、ぼくたちの祖先は、食べ物の採れる近くに住んだ。

2)律令時代に、すでに金利はあった。

きのうのブログで、お金のこだわりは室町以降と書いた。

それは、そうとして(お金というより、米などの貸し借りとして)利息付きの貸し借りは、律令制である8世紀には、出挙(すいこ)という制度により行なわれていた。

公出挙(くすいこ)と私出挙(しすいこ)があった。

前者は公が民に貸し出すもので、当初の年利は50%だったが、民衆を圧迫するということで年利30%に引き下げられている。

後者は私人どおしの貸し借りで、年率100%である。

高金利であり、言うまでもなく、民衆の生活を圧迫した。

3)最新の技術により統率され、生産性もあがった。

古代、鉄は権力の象徴だった。たとえば、王朝は官位に応じて貴族たちに鉄製のクワを与えた。貴族たちは所有する農民に、それを与えて農耕にあたらせた。貴族たちは、農具により農民を統率し、また高い生産性を上げた。

以上、「飢餓からの脱出」(宮本常一 / 八坂書房)より、気になる点を、まとめさせて頂いています。

日本の商品経済について

まず日本という国は、太古の昔からあった、というわけではない。

これは、司馬遼太郎さんや歴史家の網野さんの受け売りだけれど、

どうやら室町以前と以降の日本は違っていたらしい。

室町時代以降、日本の商品経済は発展していき、自然や人の心より、むしろ、お金やモノに心が奪われる風潮になっていった。

それ以前は、もっと、人は素直で伸びやかな気持ちを持っていたかの知れないよね(最近、室町以前のものに触れてみたい気持ちもあったりする)

明治維新以降、日本は西欧化が取り入れられたという。

ほんらい西欧では、根拠もない冒険が好まれた。王朝がお金を出資し、太平洋に出ていくような。それに対して、イギリスのある地域では、将来の収支を考えてやっていく習慣があった。こちらは少数派だった。けれど時代とともに、世界の主流になっていった。孤島で収支を付ける「ロビンソン漂流記」は、それを象徴する物語だである。こちらは大塚久夫さんの受け売り。

いわば、近代化の旗頭ともいえる西欧の資本主義を、明治以降の日本は、意外にスンナリと受け入れ消化していった。日本は屈託がない(今までのことを捨てて新しいものを取り入れる)などと、つい自嘲気味になりがちだけれど、これは、むしろ室町から続く下地があったからかもしれないという説。

原点は室町時代説

井原西鶴や近松門左衛門を読むと、元禄時代には思った以上に、お金のやり取りが進んでいて、手形さえ流通していたことになる。

たまたま目についた「歴史と出会う」(網野善彦)のページをめくっていたら、商品経済の発達はそれどころでなく、室町時代にまで、さかのぼるという。

さらに言えば、現在の原型の多くは室町時代にあるという説がある。

逆に言えば、それ以前の時代は(現在につながる原型がないわけだから)想像が付かないとも。

ちなみに本書では、筆者と宮崎駿さんの対談も掲載されている。

「もののけ姫」は室町時代を仮想の舞台にしていたんんだねぇ。