『お金2.0』を読んだ感想


ホリエモンの『これからを稼ごう』の中で、本書は、トークンエコノミーの参考書として紹介されている。そして、両者とも、これからは好きなことをやっていくことを、すすめている。

ホリエモンは、とても鋭い人だとおもう。しかし、おうおうにして、ことばが足らない。だから「お金ですべて買える」などと、誤解を、まねいたりもする。
「好きなことを、やるんだよ」的な発言も、ことば足らずだ。本書での筆者の文章は、そのへんの傍証ともなる、とおもう。

本書の主題は「価値主義」についてだろう。以下は、本書をまとめたものとなる。

従来の価値は財務諸表に表れる。それに対し、財務諸表に表れない価値もある。それは、好きだったり、共感したり、信頼したりする内面的な価値である。またボランティアといった社会全体を維持するための価値もある。

トークンエコノミーというのは、後者のふたつと相性がいいらしい。財務諸表的な価値というのは、売上や利益に表れて初めて価値が認識される。それに対し、たとえば、好きという気持ちは、じゅうらい具象化がむつかしかった。しかしトークンなら、発行者がトークンと、好きを、ひもづけされるように設計することで、これが可能になる。

トークンにより、好きな気持ちが具象化され、評価され、流通させるようになる。これが「好きなことをやろう」的なことに説得力を持たせる理由のひとつ。そして、これは私感になるが、だれもがシンドイと感じることは、やがてAI化されてゆく。まだ、そうなっていないのは、AIの技術的な進展が待たれる点もあるとおもうが、人件費の方がAI導入より安いという、経営者の合理的判断もあるのではないか。この2点がクリアになれば、やはり「好きなことを、やった者勝ち」なのである。

Fintech(フィンテック)はバズワードかもしれない。定義があいまいなまま拡散している。本書では、Fintechを、あえて1.0と2.0で区別している。
1.0は、従来の文脈で語られる。既存の金融の延長上にあり、マスコミや金融機関がつかうFintechは、ほぼ、こちらを指している。

2.0は、近代につくられた資本主義というフレームワークではなく、ゼロベースから再構築されるものだ。ブロックチェーンが応用される仮想通貨やトークンは、こちらに該当する。ちなみに本書のタイトル『お金2.0』は、こちらの Fintech2.0に由来していて、本書は、こちらのパラダイム・シフトを中心に扱われている。個人的には、やや理解しにくい点もあるが、頭の中の整理に一助を与えてくれる良書だとおもう。

スマートコントラクト


ビットコインは、そのやり取りが一覧できる。たとえば通帳のようなものだ。

一方、イーサリアムは、そのプラットフォーム上で、任意のアプリケーションが利用できる。

契約や取引にはコストがかかる。

それは関係官庁の個別の審査や、煩雑な事務を行政書士に依頼する必要がある。

イーサリアムには、契約上の取り決めや、その証明を、アプリケーションにより自動化してしまうという発想がある(スマートコントラクト)。

従来のものにとどまらず、将来的なこと、たとえばクルマのシェアなど(いちいち契約書にサインすることなどなく)スマートコンストラクトでスムーズにできるようになる、とおもう。

お金の流れ

メルカリで、わずかながら売り上げた。

そのポイントは、またメルカリ上で使うつもりだった。

しかし少し購入しただけで、なかなか買いたいものには出遭わない。

お金と同様、ポイントも流れていった方が良いとおもう。

なので余ったポイントは、口座の振り替え手続きをした。

きのう(金曜日に)スマホ上で手続きをして、来週の火曜日には振り替えられる。

金曜日締め、翌週火曜日支払い、

ということは、土日をはさんでも、支払いサイト(期間)は5日間だ。

このサイトを短いとみるか、そうでないとみるか。

個人的には前者である。さらには、メルカリだけでなく、ネット上のプラットフォームの支払いサイトは、とても短いとおもう。

これは、じぶんで仕事をやってきた感想なんだ。ふつうに仕事をやった場合の支払いサイトは(客先によって任意だけれど)そんなことは、あり得ない。短くても30日という感じですねぇ。

ネットにより、従来より、お金の流れは、どんどん速くなっている、ということは、事実だとおもうよ。

思い込みについて

せんじつ、漱石について触れられていた。題材に上がっていたのは「道草」だ。

主人公は、なんどとなく義父からお金の工面を受ける。もう、これ以上、関わらないよう書面を書かせる。だが主人公はイヤな気持ちになる。その後をおもい、憂鬱になる。

で、「あ、そっか」と思ったわけよ。

漱石は、持病の胃潰瘍の療養のため滞在した修善寺で、大量の血を吐く。生死をさまよう。その後、書かれた小説は、いっそう陰影を深めていく。

おそらく「道草」は、「こころ」のあとに書かれた小説だと思う

「こころ」では、先生はKの自殺に死後何十年も、さいなやみ、自身で最期を迎えてしまう。その原因は謎とされ、個人的にも、ずっと謎である。

けれど、先日の話より、漱石は思い込みを表現している、というか漱石自身、そういう心証を持っていたのか知れないと、ま、そのようなことを、思ったりしたわけ。

その思い込みは内省し、関係ないことまで、自分のせいだと思わせる、かもしれない。

じつは、村上春樹の小説にも同様のことが繰り返し描かれている。「海辺のカフカ」では、カフカ少年のドッペルゲンガーまで現れる。

そして、村上春樹の場合は、角度を変え、アタッチメント、デタッチメントという言葉で解説されていたりする..よね?

(ひとくくりにされることに、本人は了解されないと思うけれど)漱石や村上春樹は、エゴを描く作家だと言われてる。で、エゴと、思い込みは、どこか、つながっているいるんじゃないのかねぇ。

だれか、思い込みの視座からAIを解説してくれないかなぁ。

ファクトフルネス


なんとなく、世界は暴力的になっているような気がする。

そして時代が下る、つまり最近になればなるほど、暴力的なことは増えているような気もする。

さいきん、なにかと話題の「ファクトフルネス」を読んだ。スティーブ・ピンカーの「暴力の人類史」も読んだ。

両書には、暴力による死亡率は、むしろ減少していることがデータをもとに示されている。

そのほか「ファクトフルネス」には、合法的な奴隷制度、児童労働、飢餓、火災による死者数、天然痘なども減少していて、時代を追うごとに、世界が良くなっていることも示されている。

ま、直感的なことは、よく間違うし、データによる統計をしっかり見ようという教訓があったりするわけだけれど、

ひとつ気になる点もある。

「ファクトフルネス」では、世界を先進国と後進国の2つに分けるのではなく、レベル1、2、3、4に分類して見ている。

レベル1とは、飲み水を探しに遠くまで歩いたり、虫を生で食べたりするような生活だ。映像の影響力は大きく、そのような映像を見る機会があると、世界には、そのような暮らしをしている人が多いような気もする。しかし、レベル1の生活を送っている国は、年々、減少している。

逆にレベル4は、たとえば、電動ハブラシを使っているような、たとえば日本などが該当する。

言うまでもなく、レベル1や、2、3は経済の伸びしろが大きい。年率で7パーセント伸びているとしたら、複利なので、10年後には、経済は2倍になるでしょう。

それに対して、日本は、予算の半分を国債でまかない、日銀が金融機関から間接的に国債を購入し、意図的に巨額のマネーを供給しているにも関わらず、毎年、1パーセントくらいしか伸びていない。

たしかに、世界的に貧困は少なくなっていくだろう。でも一方の日本は、経済の伸びしろが小さすぎて、レベル1、2、3といった国に追い上げられ、むしろ相対的に貧困になっているんじゃないのか、と思ったりもする。

アベノミクス、じっさいは日銀の異次元の金融の量的緩和により、たしかに需要は喚起されたとおもう。需要は公共投資で作るというふうに教わった身としては新鮮でもある。

ただ、げんざいの政策の難点は、金融により需要は作ったものの、新しい産業や企業が生まれていない点にある、とおもう。そうしないと、国と日銀は借金だけ増え、東南アジアやアフリカの国から、どんどん追い上げられ、窮屈になっていくでしょう、たぶん。

好意的にみて、日銀の量的緩和は、あたらしい産業や企業が生まれるまでの時間稼ぎにはなるとおもっているけれど、じっさいは、どうなんだろうねぇ。

プログラミングを勉強するって?

楽天が社員に、プログラムの学習をうながすようだ。

プログラム言語は、Javaだ。

それに対し、ネット上では「なんで、いまさらJavaなんだ」というコメントが散見された。

個人的にも、楽天はウェッブサイトで大きく企業だし、JavaScript、サーバーサイドならNode.js、あるいはPHPが妥当だとおもう。

いま、小学校でもプログラミング教室がはじまる。

でも、なぜプログラミング?

だいたい、ひとは目の前のことを見たり聞いたりしていて。それで理解しているんだと、おもう。

でも抽象的なことを理解し組み立て共有することで、なぜか、ものごとが、とても上手に機能したりする。

プログラミングだけじゃ、ない。会計、統計、かんがえれば、そういうのは、もっと、あるだろう。

古典といわれる(遠いむかしの執筆物の)その素直な心持ちは、いいもんだとおもう。

それは、そうとして、実感できる範囲として、ぼくらの親の世代は、洗濯機でなく、まだ手で衣服を洗っていたんだぜ。そのころに比べれば、平均寿命ものびた。

それはテクノロジーといい、社会のシステムといい、抽象的なことが発展してきた恩恵だと言っても間違いない、とおもったりする〜

クリエイティブについて


 AIは、バブルだとおもう。

その言葉も、それに関わる資金も、ぶくぶくと、ふくれあがっている、とおもう。

ただし、たとえバブルがはじけても、グーグルやマイクロソフトから、ソフトバンクやLineまで積極的に投資している、

ということは、株価の時価総額は、将来生むキャッシュフローの、期待の総和なので、時間をかけてAI化が進み、ぼくたちの仕事や生活を変容させるのは間違いない。

AI化とは、分かりやすく言ってしまえば、解答に向かう指向性だ。

ひたすら正解を出そうとする。

正解が「よい」で、不正解が「わるい」ということである。

このことは、大切なポイントだ。

げんざい学校の勉強でも仕事でも「よい」「わるい」で判断することが多いでしょう。

で、みんな「よい」を求めるわけだから、同じものに収斂していく。

そして、このことはAIがイチバン得意とするし、ひとに取ってかわる所だ。

では、ぼくたちは、どうすればいいんだ。

それは「よい」「わるい」ではなく、「すき」「きらい」をもっと大切にして、「すき」の深掘りをしていくことだ。

それにより、同じものではなく、ユニークなものが生まれいったりする。

クリエイティブとは、そういうこった。

LINK Point


いつのまにか、トークンを持っていたりする。

ひとつは、Braveのコミュニティからのプレゼント、500 BATだったかな。

もうひとつは、LINEのトークンだ。

トークンは、ちょっと、ややこしくって。

LINEを例に説明してみようか。

まずLINEはLINK chainという独自のブロックチェーンを構築している。

そして日本国内はLINK point、海外はLINKというトークンが発行されている。
(ややこしい〜)

後者のLINKは、ほかの仮想通貨と交換が可能。

前者は、日本政府の規制により、現状では仮想通貨とは交換できない。そのかわりLine Pointと交換できる。

げんざいPayPayをはじめ、Payが花盛りでしょう。

Lineの場合は、Line Payで、

Line Payで支払った場合、Line Pointが付いたりする。げんざい、キャンペーン中で購入額の20%くらい、ポイントとして還元されるんじゃない?

で、トークンであるLINK Pointは、このLine Pointに交換でき、たとえばローソンで商品を購入する場合、その額が割引される。

ただし、LINK Pointは、将来的には、海外と同様、ほかの仮想通貨と交換できる可能性が高いので、Line Pointに交換せず、そのままにしておくという選択肢もある、とおもう。その方が、楽しみかもよ〜。

疫学とか統計とか

昨年読んだ書籍の中で、「探偵 ジョン・スノウ」は印象深かった。蔵書にしたいほどだ。

書籍のタイトルに「探偵」がついているので、推理小説のように思われるかも知れないが、本書は、疫学の基礎を築いたジョン・スノウの、いわば、ノンフィクションと言える一冊となっている。

かつてロンドンでは、集団で死亡する現象が相次いだ。

医師であるジョン・スノウは、その原因を探るため、関連する家を1件1件、つぶさに歩いて情報を収集し、分析した。

さくねん読了し、すでに記憶にあいまいになっているけれど、スノウは、ある特定の井戸に起因することを主張した、とおもう。

原因は、現在、コレラと呼ばれるものだった。ただコッホが病原菌を発見するのは、さらに後の時代であり、 当時は、悪い空気が舞い降りてくる瘴気(しょうき)説が主流だった。

その名が知られているナイチン・ゲールさえ、この説を支持したし、気候により大気から舞い降りてくるという、現在からすれば珍説を唱える人さえいた。

ジョン・スノウの説が受け入れたれたのは、彼の死語だった。友人の支持によった。げんざいスノウはデータを集め、その因果関係を探る疫学の祖と言われている。

さらに言えば、後世の統計学にも大きく貢献している、らしい。

統計学を学んだ友人によると、統計というのは、とても退屈な授業だったという。ま、昔から地味目の存在だったことは想像できるけれど、

ただし、現在においては、統計という言葉は注目を集めている。厚労省のデータの不正疑惑によるものだ。

この国では、前向きというより、皮肉から、モノゴトが前にすすむ場合が多々あるようである。

いずれにせよ、統計は、これから重要になっていくでしょう。

「統計学は最強の学問である」という本が、話題になったりした。じつは、ジョン・スノウの名前を知ったのは、本書のおかげである。本書の続編である「数学編」では、昨今人気のあるディープラーニン(AI)の理解を統計学の切り口から求めている。

「数学編」は、さすがに、途中でページを閉じた。保留中、かな

ホリエモン

ホリエモンは洞察が鋭い、とおもう。

ただ、コトバが足らないので、おうおうにして、誤解をまねく。

いちじき「すべてのものは、お金で買える」という発言が、先走ったことがある。

その元になった本を読んだことがある、

がしかし、じっさいには、そのようなことは書かれていない。

文脈から、それらしいコトバのみハイライトされ、それが倍音のように広がっていった、ということが実情だろう。

ネット上で「先の見えない時代、何をやったら、よいだろう」的な質問が散見される。

それに対して、ホリエモンは「遊ぶんだよ」という。

洞察の鋭い同氏の言い分だけに、個人的にも「そうかもねぇ」と思ったりしている。

ただし、やはり、コトバ足らず、だとおもう。

ま、じぶんなりに補助線を引いて解釈するなら、

現状の機械的なこと、事務的なこと、つまり同じ作業を繰り返し行なうことは、ディープラーニング(AI)がいちばん得意とすることなので、その種の仕事は、いずれ、なくなるよ、と言っているんだろう。

それと、もう、ひとつ。

「働き方改革」というものがある。来年度から関係した法律も施行されるようだ。

さいきんは法律というものも大切だと、おもいつつ、その半面、もっと内実の方が大切でしょうと、考えたりもする。

ホリエモンの「遊ぶのさ」発言については、拡大解釈すれば、

遊びなら、会社の就業以外でも、それをやるだろうし、SNSの普及を勘案すれば、連絡もするだろう、ということだ。

週休3日でも、4日でも、だいじょうぶで、

じっさい、「ほぼ日」という会社は、金曜日は「インデペンデンス・ディ」と称して、会社に来ても、来なくても、どちらでも良いみたいな、

ま、そうすると「遊ぶのさ」ということと、同じくホリエモンの発言している「将来、会社はなくなるよ」 というコトバは点と点で結ばれて、線になっていくわけね〜。