イマイチ、GitHubはわかりにくい。

リポジトリのつくりかたを、備忘録として、のこしておこう。

 

(1)GitHub上のリポジトリをつくる。

ホームページ右側に表示される「New repository」をクリックする。

 

 

 

 

 


リポジトリの名まえをつけ、説明を書く。「Private」リポジトリは有料会員のみ。オレのばあいは、もちろん「Public」リポジトリでよろしい。

「Initialize this repository with a README」、add.gitgnore、add a licenceはノーチェックでよろしい。

「Create repository」をクリック。

 


(2)Git(ローカル・リポジトリ)をつくり、GitHubにリモートする。

$ git init(はじめるよー)

$ git add ファイル名 (ファイル名をステージングするよ)
$ git add .(作業ディレクトリーをすべてステージングするよ)

$ git commit -m” ぼくは猫である”(分かりやすい説明文をつけ、コミットする)

$ git remote add origin https://github.com/your-name/project-name.git  =>URLをつかうばあい
$ git remote add origin git@github.com:yourname/project-name.git =>SSHをつかうばあい
(GitにGitHubを登録する)

$ git push -u origin master(ローカルのファイルをGitHubリポジトリにアップロード!)

 

(3)GitHub(リモート・リポジトリ)からローカルにクローンする。

$ git clone https://github.com/your-name/project-name.git  =>URLをつかうばあい
$ git clone git@github.com:yourname/project-name.git =>SSHをつかうばあい


(4)おもなコマンド一覧

$ git status 変更の差分を表示
$ git commit 開いたvimのコミットメントを記入する
$ git commit -v 変更部分を確認する
$ git log 変更の履歴を確認
$ git log–oneline 一行を表示する
$ git log -p ファイルの差分を表示する
$ git diff ファイルとステージ領域の差分を表示する
$ git rn ファイルの削除
$ git rm -r ディレクトリの削除
$ git rm –cashed gitだけ外す
$ git reset Head もとに戻す
$ ls -a  すべてのファイル(未表示のファイルも)確認できる
$ ls -a .git gitのファイル内を確認できる