環境ビジネスという ことばがある。

でも、環境とビジネスという ことばは、なんとなく、しっくりこない。

ビジネスには、資本が必要だろう。

たとえば、工場を建てる。そして設備をいれる。ボランティアというわけにもいかないので、協力してくれる人には給料を支払う。

そのためには、個人のもっているお金では、まかないきれない。事情を話して、多くのひとからお金を集めなければならないだろう。

そのさいにお金を出資するひとは、その目標になっとくするだけでなく、事業から出る利益の分け前を期待するだろう。

環境について、このへんの事情がちがう。

お金をだしても、配当(お金)はもらえない。

温室効果ガス削減というのは、抽象的で、じっさいにお金をもらったり、通帳に数字が書き込まれるような実感はない。

つまり温室効果ガスの削減に協力した代償に、ほしいものが買ったり、なにかのサービスをうけることはできない。

やはり、お金の効力というのは、いきわたっているわけである。

もし、現状のまま考えるなら、温室効果ガスを減らしたら、お金をもらえるようにするとか、

温室効果ガスを削減したらポイントがもらえて、それで、十分にほしい商品が買えるようにしなくちゃ、タメだろうよ。

さらに、もっと進歩主義的にいうなら、ものの所有よりシェアしたい空気感がふつうになれば、また事情はちがってくるとおもう。

じっさい、UberとかAirBnBとかにイキオイがあるわけで。そのきざしが、ないわけでもないとおもうよ。