4年のときを経て、MacBookProが発表された。スペックが上がっているのは当然だし、まぁ、それは地味だよねぇ。

引き立つのは、タッチ・バーだろうよ。

いままで、アップルは常識とおもわれていたものを捨て、あたらしいインターフェイスを創りだしてきた。きょうネットでチラチラ見たかぎりでは、タッチ・バーは賛否両論だけれど、このさき、どう評価されていくのだろう。ほかのメーカーも追従して、定着していくのかなぁ。

ところで、こんごMacBookAirは、タッチパネルではない、従来型のファンクションキーを搭載したMacBookProに統一されていく。そういうウワサが。

MacBookAirは
お気に入りなので残念や。

というわけで、もうながいあいだ、リプレイスされていないし、これからもされない(だろう)MacBookAirだけれど。

さくねんは、そういうことも、いざ知らず。あたらしいものが出るまではと、根性で、水濡れによりショートしたMacBookAirを復旧させたのであった。

なんと、乾燥剤を入れ、ジップロップで1週間、密閉したという。奇跡の復活劇であった。