落合陽一の記事をわりとよく読む。

さいきんではNewsPicsの取材記事を読んだ。

マイクロソフトの可能性がテーマだとおもう。

個人的なことをいえば、マイクロソフトはきらだった。

それは、ビル・ゲイツ的なふんいきがキライだったからだ。

ビル・ゲイツ的とは権利意識の強さであって。それは(外部とはシェアしない)閉鎖的な感じにも、つながってゆく。

ちなみに、ぼくはLinuxをつくったリーナス・トーバルスが好きである。

マイクロソフトが好印象になったのは、CEOにサディア・ナデラが就いてからだ。

いまだにWordは機能が多すぎる くそソフトだとおもうけれど、プログラミングで利用しているVirtual Studio Codeはとてもつかいやすい。

Virtual Studio Codeはオープンソースで、フリーでつかえる。従来のマイクロソフトなら、そうは、ならなかっただろう。WindowsでLinuxがつかえるようになったのも画期的だ。だって、ビル・ゲイツは、あれほどオープンソースのLinuxを攻撃していたんだぜ。

オッケー、はなしをもとにもどそう。

さいきん読んだ落合陽一の記事では、サディア・ナデラになってからリリースされたホロレンズにも触れられている。

スマホの画面は限られている。スマホの次に来るのは空間である。ホロレンズは空間をインターフィスにしていて、この分野ではマイクロソフトが先行している。

マイクロソフトはスマホでは完全に出遅れた。そのため同社は低迷していた。しかし、その出遅れが奏功し(スマホをパスしたことで)空間をインターフェイスとするホロレンズが生まれた。

スマホで成功したアップルやグーグルは、そのフレームワークが強いため、かえって、次の世界観を築くには不利なのではないか。ま、そういう内容。