すこしずつ、わかってきたぜ。

JavaScriptのキモは、オブジェクトにあり、みたいな。

オブジェクトのコンセプトは、むつかしい。

解説書には、さまざまな説明がされているし、その内容を読んでも核心はつかめやしない。

ま、こういうときは、じぶんに引き寄せて解釈するわけで。

オブジェクトとは、属性を入れる箱である。

オッケー。まずオブジェクトをつくってみよう。ぼくの大好きなデリーカレーのオブジェクトだ。

var dailyCrurry = new Object(); //デリーズカレーオブジェクトを作成

dailyCurry.price = 850;  //以下、プロパティ(名前と値)を入れる
dailyCrurry.place=’Ueno’;
dailyCurry.tast =’spicySour’;
dailyCurry.delicious true;

console.log(dailyCurry);  //出力
{price:850,place:Ueno,tast:spicySour, delicious:true}

ちなみに、ここでは、めんどくさいので、記述しなかったけれど、オブジェクトにはプロパティだけでなく、メソッド(function())や、オブジェクト {}も入れることができてしまうんだ。

で、ここで疑問アリ。

var dailyCrurry = new Object();は、
var dailyCrurry = {}でもできてしまう。

なぜだろう。「開眼! JavaScript」(オライリー・ジャパン)の14ページにて、その疑問は解消したよ。2つとも同じである。後者は、前者のショートカットである。