ツイッターのDMの設定

Twitterがアップデートされて、だれからでもDM(ダイレクトメール)を受けることができるようになったという。ちょっぴり気になったので、設定をチェックしてみた。手順は以下のとおり。

 

①Twitterのウェッブを開き、ログインする。

 

②右上に表示される、自分のアイコンをクリックする。

Twitter_Setting1

 

 

 

③「設定」をクリックする。

Twitter_Setting2

 
 
④左側に目を移す。「ユーザー情報」の「セキュリティとプライバシー」をクリックする。

Twitter_Setting3

 
⑤「セキュリティとプライバシー/ プライバシー」の一番下の「ダイレクトメッセージのみ/ Receive Direct Messages from anyone」が該当の項目。当方のばあい、チェックが入っていなかった。チェックを入れれば、フォロー外のユーザーからも、ダイレクトメールを受け取れるようになる。
Twitter_Setting4

ツイッター

 

ツイッターをはじめるにあたって、方針というのは大げさかな、ひとつ心がけたことがある。きほんてきに、フォローに対して、フローし返す。逆に、こちらからは、あえてフォローはしない。ま、そういうことである。

そうすると、フォロワーはゆっくり、ゆっくり、亀の歩みのように増えてゆく。

ちなみに、ツイッターをはじめた日は、2014年2月4日である。フォロワー数は現時点で267人だ。分かりやすいように、3年間で300人というふうに言ってしまおう。

この路線をつづけていけば、東京オリンピックが行われる2020年にはフォロワー数は、800人になるだろう。

 で、ここで、心持ちを変えてみようと思う。(毎回というわけには、ゆかないけれど)相手がいるつもりで、つぶやくように心がけてみたりして。

 さて、フォロワーの増え方は、変わってくるかしらん。

 

(これまでのフォロワーの推移) 

Twitter-no-follower

 

フルネームで語ること

 

フルネームで語れ。というのは、ひとむかしの丸井(デパート)のキャッチフレーズであった。

どういうコンセプトなのか知らないけれど、たしか永瀬正敏が出ていて「なんか雰囲気が出ているなぁ」と思ったりして。

フェイスブックがやって来たとき「フルネームで語るのは、日本では広まないだろうなぁ」って思っていた。

がしかし、意外にも、語る人は急増していったんだよね。

個人的にはフィスブックはやっていないけれど。ツイッターは、やっている。さいしょは、それとなく自分のような名前で、つぶやいていた。で、あるていど時間がたったあと、フルネームでつぶやき始めた。

そうねえ。リツートされるとき、匿名よりフルネームの方が「おっ!」という感じはあるかなぁ。。。

 

kuma