このウェッブサイト(鶴巻事務所のウェッブサイト)をSSHに対応にするかどうか、ちょっと迷っている。そのまえに、SSLの概略についてまとめておこう。

SSLは、暗号化により通信途中で第三者から読まれる危険性を防ぐプロトコルだ。SSHには、HTTPをのせることができる。こんなイメージ。



HTTPでなく、そのほかのプロトコルをのせ、通信をまもることができる。たとえばメールを送信するためのSMTPや、メールを受信するためのPOP3といったプロトコルをのせることができる。


SSLではサーバーの認証が担保される(たしかに、そのサーバーだよ)。たとえばクレジットカードを送る相手自身が信頼できるかどうかは別の問題である。