アップルとナス

アップルに確かめてみると、同社はNAS(ナス)を推奨していないわけでもない。

ただし、そのへんはナイーブな問題。

たぶん、方向性としては、オフィスや自宅でデータをバックするのではなく、iClouldによるそれを謀っているように思うわけ。

新しいiPhone

あたらしいiPhoneが発表された。

グーグルのスローガンは「AIファースト」だ。

マイクロソフトは「(AIにより仕事を)エンパワーする」である。

それに対し、アップルは、とくに旗印をあげていない。

ただし、アップルの発表会を見ていると、iPhoneでは、

被写体の撮影の際のアプリケーションとしてAIを利用する、そんな方針にみえる。

一方のグーグルは、アプローチが違うでしょう。

もちろんアップルのように、撮影時の被写体の調整にも使用しているけれど、

たとえば写真を認識させ、その画像が何かを知らせてくれたりもする。

アップルの発表会では、AIチップの他社製とのスペックの違いを強調していた。

グーグルのPixelとの比較など、これは違うでしょう。

iPhoneは、iphoneでの機械学習を前提にしているし、Googleはクラウド上のAIエンジンで、かなり処理をしていると、おもう。

スマホ単体で比較するのは、フェアとは言えないわけよ。