取材の変容

従来なら取材はライターのような特定の業種の仕事だった。取材が目的になっていた、

がしかし現在、そしてこれからは(ますます)違ったものになってゆくだろう。

感度の良い人にとって取材は判断や行動するための一次情報の手段になっている。

なぜ今までそうなっていなかったのか。

それは(テレビ・新聞・雑誌といった)媒体がとても限られた人にしか開かれていなかったことが大きい。

その点、すべての人に映像の発信が可能になったYouTubeの存在は大きい。

フランスにひろゆきを訪ねて行く青汁王子こと三崎優太にYouTubeをみていて、あらためて、そう思ったりした。

ホリエモン

ホリエモンは良書が多い。YouTubeでも多くの情報を発信しているが、個人的には、書籍がいちばん味わい深い。

書籍はほとんど読んでいる、とおもう。近年はとくに充実している。ひとつには、取材・執筆をしているライターが優秀になってきているから。

そして、もうひとつは(やや、おおげさだけれど)ホリエモン自身、思想的であり文学的だからだと、おもう。

ためしに、気にいったフレーズをノートしてみると、読んだほどには感銘を受けない。文脈の中での良さが削ぎ取られているからだ。

いや、これについては、ぼくの文章の読み込みが、年々深くなっているからかもしれない。自慢ではない。じっさいに、そうなんだ。

「情報だけを武器にしろ。」を読んだ。いろいろな発見があった。

コピーライターのアウトプットは、コピーライティングなわけ。一般的にも「インプットだけでなく、アウトプットが大切」と言われる。そのさいのアウトプットとは文章を指しているでしょう。

ホリエモンの斬新さは「アウトプットは行動なんだ」という点にある。 いっけん、なにげない。がしかし、このことは、とても深い。現在性を持っていると言ってもよい。

情報化社会(情報がとても多くなってしまった社会)では、ことばは有用性を失っている。その文脈での「アウトプットは行動だ」なのである。そして、行動はSNSやYouTubeとは、とても親和性が高い。

もうひとつ、本書での発見があった。

ぼくたち以上の世代は、なにかこう上下のようなもにがあり、上のポジションの人はエラいとおもったりしている。

それに対して、ホリエモンは分けへだてがない。好き嫌いがとても、ハッキリしているけれど、その反面、まぁ、だれとでも会っている。その疑問が、本書により晴れた。

本書の中の「ぼくは、ひとに会うのではなく、情報に会っているんだ」という部分。これ、これ。これですねぇ。

翻訳者の柴田さんは村上春樹にインタビューしている。こちらの、とても興味ふかい。その中で、村上春樹もまた、中間の他者との共通の興味の大切さを述べている。

ま、とにかく、他者と直接は向き合わない。これですねぇ。そうしないと、いまはやりの言葉でいえば、エモくなってしまうわけよ。

ネット上のパフォーマンス

ネット上で得をする人と、損をする人がいる。

前者は、利益/ コストが高く、後者は利益/コストが低い。

ホリエモンや、メンタリストDaigoは、コストに対する利益がケタ違いに高い。一方、ケタ違いに低いのは、たとえば俺である。とはいえ、そういう感じが可愛くもある、好きな性格でもある。

しかしだよ、どうすればネット上のコストパフォーマンスが高くなのか考えてみるのも面白いと思う今日この頃である。