白石、徂徠、諭吉

新井白石は荻生徂徠より上の世代だと思っていた。

しかし、ウィキペディアによると、ふたりは同世代だ。

徳川将軍は綱吉(5代)、家宣(6代)、家継(7代)、吉宗(8代)と続く。

徂徠は綱吉(5)と吉宗(8)、白石は家宣(6)と家継(7)に仕えている。

丸山真男は上の世代に、けっこう読まれているらしい。個人的には、福沢諭吉の「文明論之概論」の解説しか読んではいない。

丸山さんは諭吉を評価している。また徂徠も評価しているらしい。これについては時間があったら読んでみたい。

「折りたく柴の記」は、新井白石が末裔(まつえい)に残す気分で書いた日記風の記述だ。当時の様子を知ることのできる貴重な一冊だと思う。とりわけ江戸を襲った元禄地震や、富士山噴火による江戸の様子は興味深い。

一方、福沢諭吉の「福翁自伝」も幕末の様子を知る上で貴重な一冊だと言える。

新井白石も福沢諭吉も実証/合理的な視座の人なわけで。その点でも「折りたく柴の木」と「福翁自伝」は信頼できる書籍だと思っている。

勝海舟

統治機構が一変すると、違う国家になっていく。司馬遼太郎には、そのような捉え方をする一面があったと思う。

司馬さんが幕末から明治について語った「明治という国家」というタイトルにも、そのことが現れている。

本書では、勝海舟について語られている。

ちなみに個人的に、歴史のほとんどは、司馬遼太郎の著作から知識を得ている。

歴史系の知識について、高校の日本史の授業より、司馬作品を読んだ時間の方が遥かに長い。

記憶をたどってみると、その中で、勝海舟に触れている著作は少ない。強いてあげるなら「竜馬がゆく」くらいだろうか。

なので「明治という国家」の中で、あるていどのボリュームで勝海舟に触れ、なおかつ司馬さんが好意を持ってるのは意外だった。

徳川将軍家の直属の家臣は、旗本と御家人である。後者は、直接、将軍にお目にかかれない。勝海舟の家系は、このポジションにあった。しかも俸禄は少なく、生活のため副業をしていたようだ。

家柄について保守的な江戸時代にあって、(俸禄の少ない御家人の息子)勝海舟が頭角を現してきたのは、それだけ、時代を取り巻く状況が切迫していたからだ。

幕末、従来の慣習を縫って出てきた、ひとつのタイプは語学に長けていた人だと思う。福沢諭吉しかり、勝海舟はオランダ語に秀でていた。

勝は、当時、日本では珍しいオランダの書物(辞典だったかな?)を、高いお金を払って、借り受けることに成功した。拝借しているあいだ、勝は寝る間を惜しんで全ページを書き写した。それも1冊ではなく、2冊だ。そして1冊は自分の手元に置き、もう1冊は売りさばいて、借り受けの際のお金に充てた。勝海舟好きの人にとっては、有名な話だ。

ただし福沢諭吉も同様のことをやっていて。語学に情熱を燃やしていた人にとっての、当時のひとつの稼ぎ方だったのかも知れない。

ところで、一介の御家人である勝海舟が、政治要人にまで登りつめるキャリアは、どのようにスタートしたのだろう。

それは、ペリーの率いる黒船来航が契機になっている。黒船が江戸湾に姿を見せた時、江戸城下は大混乱に陥った。未知の問題に対応する術はない。そこで幕府は、ペリーの持参した米大統領の親書をオープンにし、広く意見を求めた。問題の先送り案が寄せられる中、勝海舟は具体的な提言を行った。これが幕府の目に止まった。勝の台頭の始まり。

コロリ

江戸時代後期、江戸をはじめ全国で疫病が流行った。

コロナでなく、コレラである。

とうじ日本では、いろいろな呼び方があったようだけれど、コロリなら耳にしたこともあるのではないか。

ちなみに、コロリ禍のなか、勝海舟や福沢諭吉らは咸臨丸で渡米した。船中の劣悪な環境を思うと、蛮勇とも言える行動だ。

江戸より先、コレラはロンドンで流行した。

その際、医師であったジョン・スノウは、コロナに罹患した家庭を一軒一軒調査し、原因は当時のロンドンの水系にあり、ポンプの使用の禁止を訴えた。

スノウは現在「疫学の父」と尊称されている。

一方、疫学、つまり統計を取り、そこから判断する方法は、残念ながら、当時の日本人からは出ていない。

明治に入り、日本で再びコロリが流行ったとき、「井戸の水は飲まないこと」が推奨されているが、独自に統計を取り発想したのではなく、おそらくこれは、洋書の翻訳からの受け売りだと思う。

現在、データサイエンスが人気でしょう。でも、日本人ってデータの扱いに馴染めない気が、しなくもないんだよねぇ。