ホリエモン

ホリエモンは良書が多い。YouTubeでも多くの情報を発信しているが、個人的には、書籍がいちばん味わい深い。

書籍はほとんど読んでいる、とおもう。近年はとくに充実している。ひとつには、取材・執筆をしているライターが優秀になってきているから。

そして、もうひとつは(やや、おおげさだけれど)ホリエモン自身、思想的であり文学的だからだと、おもう。

ためしに、気にいったフレーズをノートしてみると、読んだほどには感銘を受けない。文脈の中での良さが削ぎ取られているからだ。

いや、これについては、ぼくの文章の読み込みが、年々深くなっているからかもしれない。自慢ではない。じっさいに、そうなんだ。

「情報だけを武器にしろ。」を読んだ。いろいろな発見があった。

コピーライターのアウトプットは、コピーライティングなわけ。一般的にも「インプットだけでなく、アウトプットが大切」と言われる。そのさいのアウトプットとは文章を指しているでしょう。

ホリエモンの斬新さは「アウトプットは行動なんだ」という点にある。 いっけん、なにげない。がしかし、このことは、とても深い。現在性を持っていると言ってもよい。

情報化社会(情報がとても多くなってしまった社会)では、ことばは有用性を失っている。その文脈での「アウトプットは行動だ」なのである。そして、行動はSNSやYouTubeとは、とても親和性が高い。

もうひとつ、本書での発見があった。

ぼくたち以上の世代は、なにかこう上下のようなもにがあり、上のポジションの人はエラいとおもったりしている。

それに対して、ホリエモンは分けへだてがない。好き嫌いがとても、ハッキリしているけれど、その反面、まぁ、だれとでも会っている。その疑問が、本書により晴れた。

本書の中の「ぼくは、ひとに会うのではなく、情報に会っているんだ」という部分。これ、これ。これですねぇ。

翻訳者の柴田さんは村上春樹にインタビューしている。こちらの、とても興味ふかい。その中で、村上春樹もまた、中間の他者との共通の興味の大切さを述べている。

ま、とにかく、他者と直接は向き合わない。これですねぇ。そうしないと、いまはやりの言葉でいえば、エモくなってしまうわけよ。

新聞はニュースをフォローしきれない

生活とかけ離れた事がらについて知ることは、むつかしい。それについては新聞がフォローしてくれる、

というのは、いまや幻想である。

新聞は、とっていない。ただ。気になるトピックについて、図書館でまとめて読むことは、ある。

かつては、きマジメに目をとおしていた。がしかし、いつかしら、新聞というのは、あたらしいことについてフォローしきれていないことき気づいてしまった。

それは、やはりウェッブサイトやSNSの出現がとても大きい。その中で、くわしい人が発信する情報に触れたほうが、新聞より充実している。

SNSの影響の大きさ

いちじき小説をよく読んだ。

それでも太宰治と三島由紀夫は数冊ていどしか読んでいない。

盾の会での三島由紀夫を演じた映画を観たことがある。

三島は、自衛隊陸軍の市ヶ谷駐屯地に立て籠もり、建物の上から演説をした。

その主張については、よく知らない。三島は本気で出来ると思っていたのか、自衛隊陸軍で主張すること自体が目的だったのかも知らない。

ただ、その姿は時代を象徴する歴史的映像として残ってはいるものの、三島の主張が広がる経路は現在と比べ、極めて細かった。

もし現在、三島が生きていたら、ツイッターなどのSNSや、YouTubeを活用することが出来た。

三島の主張が一歩も実現できなかったことに比べ、たとえばN国党のワン・イシューが実現されたなら、芸術面や思想面の足跡はさておき、現実において、三島より実績が残せたと言っても良いと思う。

N国党云々というより、SNSというものは、やはり大きな変化を、うながしていると思うのだが、どうだろう。