仕事をしているひとは、それが仕事だと思っているでしょう。でも、いままで確かに仕事だあったことも、現在では、ただの手間になっているかもしれない。

いままで手間も仕事だったのは、手間が相対化できなかったからだ。

オッケー。実例をあげてみよう。

取材にはテープ起こしという作業がある。かなり、たいへんである。取材した人が自分でやるケース、あるいはテープ起こしの外注に出すこともある。

これは、いままで、他に手立てがなかったからだ。

機械学習で音声を文字にできれば、テープ起こしは、ただの手間になってしまう。もう仕事ではない。

こういうかんじは、ほかの仕事にも多いんじゃないかしらん。

なにもテープ起こしといった単純なことだけでなく、専門的だと思われてきたこと、これまでの法律の事例を調べるとか、臨床を元にした医師の判断とか…も、ただの手間になってしまうかもしれないよね。