ながく新聞・雑誌広告やパンフレットといった印刷媒体に、たずさわってきた。フォント(文字)にも愛着がある。

とうぜん、ウェッブサイトでも、こだわりたい。

けれど、ウエッブサイトのばあい、こちらが好みのフォントを選んでも、閲覧するひとのブラウザーの環境により(ブラウザーで用意されているフォントに制限され)、思うように表示されないことが多い。

ところで、このウェッブサイトは、さくらのレンタルサーバーをつかっている。

さいきん、Webフォントが利用できるようになったようである。

ウィキペディアから、主要な文を抜粋してみる。以下のとおりだ。

「Webサーバー上にフォントファイルを置き、Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようにした技術がWebフォントである」

ちょっと、わかりにくい、かな。

要は、いままでのようにブラウザーで用意されていたフォントではなく、サーバーに置かれたフォントが表示されるといったかんじかねぇ。

さくら Webフォントの設定方法