海を越えて来た概念について

明治時代に国が開かれ、西欧のモノが多く入って来ただろう。モノは、目のまえにドンと置かれれば「あ、こういうものネ」というぐあいな、そのような実感はあるだろう。でも、法律の体系や哲学といった西欧の抽象的なことがらに際しては、ちゅうちょしただろう。そもそも、それを説明するための言葉さえ、日本には存在しなかったわけだから。

『日本漢語と中国』(鈴木修次)には、西欧の概念が、日本と中国ではどう言語化されていったかが、書かれている。

日本では、西欧の概念を広めるにあたっては、加藤弘蔵(弘之)、西周、それに福沢諭吉といった人たちが知恵を絞った。ちなみに、この三氏は幼少のときに、滝沢馬琴を読んだという、そんな世代の面々である。江戸の黄表紙や漢文から西欧の文献までその読書量は、尋常ではなかっただろう。たぶんね。

日本語化にあたっては、漢文から引用した言葉をあてたケースが多かったらしい。権利、観察、視察、実際、実験、経験、実証、真理、論理、形而上、形而下、演繹、帰納、宗教、自由といった言葉たちである。

で、権利、観察…といった言葉を、一つひとつ見つめてみると、これが、ぼんやりしてしまうんだなぁ。それは、もともと西欧にしかない概念を、さらに、中国の概念が言語化された言葉(漢文)からの引用で、まかなかわれたからだと思うんだなぁ。

ところで、マーケティングはアメリカがお手本になっていることもあって、もともとカタカナの用語が多いんだけれど。ネットが普及してきて、さらに新しいカタカナがお目見えしているよね。例をあげてみます。

アクティブユーザー、セッション、ページビュー、インプレッション、コンバージョン、ネイティヴアド…..。

ま、いずれにせよ、海外からの概念を使うときは、ちょっと立ち止まってみる必要があると思うんだね。自分なりに、こなれていないものは使わないというのも、いいよね。net_blog2

ネットでどうなったのか

ネットを利用しはじめたころは、ネットは、あくまでツールとして使っていて、「あ、すげぇ便利だわ」という感じだったんだね。

一例をあげてみよう。

ネット以前は、文字指定された原稿をファックスで送り、それを見ながら写植屋のおっさんが、印刷に使えるような文字を打っていた。そのあと、デザイナーがマックを使いはじめるようになると、原稿を保存したフロッピーをバイク便で、デザイナーに送ったり、まぁ、そんなふうにしていたわけ。

なので、ネットで原稿を送れるというのは、新鮮だったんだなぁ。「メールで原稿を遅れたときは、ほんと、興奮してしまった」と言っても、いいすぎじゃないね。

じっさいに時間も節約できるし、経費だって節約できた。だって、千駄木(文京区)から表参道まで、バイク便を使って(原稿を保存した)フロッピーを送ると、2000〜3000円もかかったんだぜ。

ま、もっとも、メールで送ったときのトキメキは、遠い良き思い出になってしまった。現在、ネットはツールというより、媒体としても存在感が増してきた。新聞・雑誌・パフレットといった旧来の媒体は、ネットにその領域まで侵食され、僕たちの職業に影響しはじめた、というより、ノックアウトしはじめたわけ。あれ? へんな終わり方になってしまったね。

sakana

 

 

図書館のウェッブサイトについて

10代にはピンと来ないかも知れないけれど。そのむかし、図書館には図書カードというものがあったんだ。図書館内に収納棚があって、その中に、「あいうえお」順に書籍の名前が書かれたカードが整理されていたんだね。館内に、その本が置いてあるかどうか、それでチェックしたわけ。

職業がら図書館はよく活用しているけれど。現在、図書館で、この図書カードを見たことはない。そのかわり、館内に置かれているコンピュータで調べられるようになっている。

個人的には、館内のコンピュータはほとんど使ったことがなく、自分のパソコンで、居ながら図書館のウェッブサイトで調べ、図書をリクエストしている。

近ごろ、図書館のウェッブサイトでは、自分のアカウントに読みたい本のリストを作れるようになっているでしょ。検索して、借りないまでも、将来読みそうな図書をリストにどんどん入れていくという。ま、Amazonでいえば、ウィッシュリストのようなかんじだね。

これはとても重宝していて、さらに欲をいえば、本の感想を自分のアカウント内に書き込めるようになると、もっと良いなぁ。その感想を図書館の利用者どおしで、シェアできたら、もっと面白いと思う。

そのためのサーバーの貸出や、アプリケーションの利用に対して、このさい、お金をとっても許されると思うよ。たとえば、利用者一人あたり300円とか。少なくとも、オレなら払うわ。都内にはさすがにないけれど、駐車場代をとる図書館もあるくらいだから。自治体は、税金以外でお金を稼いでも問題はない。。よね?

 

net_blog