ウォータゲート事件

ウォータゲートに入居していた民主党の選挙本部に、数名の侵入者があった。

侵入者は元CIA職員だった。

ワシントン・ポストのボブ・ウッドワードにその情報が入った経路は、「大統領の陰謀」と「ザ・シークレットマン」では異なる。

前者は、ウッドワードが本件の裁判に出向き、入手したことになっている。

後者は、FBIから情報を得たことになっている。

FBIといっても、このばあい、FBI副長官から秘密裏で得た情報である。

そして、この人物こそ、ウェーターゲート事件のキーマン、いわゆるディープスロートであることは、いまや定説である。

なぜ秘密裏で、情報を流出させたのか。

この事件と前後して、FBIを創設し、大統領が変わっても、なおその座に居つづけたエドガー・フーヴァーが死去する。

これを機に、ニクソンは政権のスタッフをFBIに送り、臨時の長官とする。政権は内部情報を入手し、さらには、この事件を早期に打ち切るように圧力をかけてゆく。

このような背景もあり、FBIの念持を持つ副長官は、ワシントン・ポストに故意に情報を流出させた。

で、ディープスローからの情報をたよりに、ワシントン・ポストのウッドワードと、カール・バーンスタインは、情報の点と点を線で結び、線と線を結び全容を立体的にしてゆく。

いちおう、概略を書いておこう。

選挙の寄付金は選挙で利用される。しかし、ニクソンのスタッフは、寄付金を、相手の民主党の諜報活動に使用していた。ウォータゲートの侵入犯に流れたお金は、その一部に過ぎなかった。

そして、その資金を仕切っていたのが、ニクソン政権の重要人物・前司法長官ミッチェルや大統領補佐官ホールドマンだった。

その事実が明るみに出ないよう、彼らは,ワシントン・ポストやFBIに圧力をかけた。組織そして個人宅まで、盗聴までおこなった疑いさえある。

げんざい、日本では、桜を見る会が問題になり、アメリカではウクライナ疑惑によるトランプの弾劾手続きが進められているでしょう。

ウォータゲート事件当時の1970年代というのは、いまよりも、マスコミにも捜査機関にも、職業に対する念持があったような気がするんだよねぇ。

個人的には、時代が進むにつれ、社会は良くなってきているとおもう。けれど、気持ちはに豊かさがなくなって来ているような気がするんだよねぇ。

マイルドヤンキー

いぜん「マイルドヤンキー」について書いた。

それは、あたらしいムーブメントが起きても、抽象的にいえば、半径1km以内の仲間と相変わらずやっていければいいやという心象だ。

これには、相互扶助という美徳があるとおもう。

ただ一方では、じぶんの身内だけ良ければいいや、とか、自分たちとは違う人たちを排除したり攻撃したりするという、ま、言ってみれば悪徳もあったりする。

ましてや、あたらしいムーブメントについては、いわずもがな、である。

「マイルドヤンキー」は大きく岩盤のように動じない。

そして、そのような心象を持つ層は厚い。

ざっくり言って日本の人口の半分は、そうじゃないかしらん。

…そうだなぁ、ほんの一例をあげよう。

NetFlixで、嵐のドキュメントが放映させる。

嵐のファンというのは、意外にシニアが多い。

さて、これを契機に、シニアはNetFlixのユーザーになるだろうか。

さいきんジャニーズは、嵐のYouTubeの映像を解禁した。同様に、シニアはYouTubeのユーザーになるだろうか。

そしてテレビを観ないようになるだろうか。

個人的には、このようなコンテンツや、さらにはテクノロジーの影響に期待しているけれど、

その反面、「マイルドヤンキー」的なものは動かないよね、ともおもっている。

吉本隆明の「アジア的について」という書籍を、さいきん読んだ。

主題は違うけれど、「アジア的」なことを敷衍(ふえん)して、「マイルドヤンキー的」と読むこともできた。

ややこしくなるので、ここでは書かないけれど、「マイルドヤンキー的」なものの解体は、歴史の必然にまかせるしかない、というこなんだわ。あと何百年もかかるかもナ。

DataFrameからの列と行の抽出

pandasのDataFrameから列と行を取り出す。

import numpy as np
import pandas as pd
from pandas import Series,DataFrame

# 任意のデータフレームを作る。
df= DataFrame(np.arange(8).reshape((2,4)),index=['東京','大阪'],columns=['A','B','C','D'])

print(df)
  A B C D
東京 0 1 2 3
大阪 4 5 6 7

'''
列の抽出
たとえば、df['A']では、indexの値により、DataFrameではなく、Seriesが作成されてしまう。DataFrameにする場合はindexの値をリスト化し、df[['A']]のように、
カッコを2重でくくる。
'''
print(df[['A','B']])
  A B
東京 0 1
大阪 4 5

# 行の抽出
print(df.ix[['東京']])
  A B C D
東京 0 1 2 3

専制と、データの扱い

一説によると、アジア的な特徴は3つほどあり、

そのひとつが、中央の専制政治が、一人ひとりでできないこと、たとえば灌漑用水工事などを普請することである。

それに対して西欧は「小さな簡単な問題から出発して、それをどんどん積み重ねていって、あらゆる関連性をつかんでいく」

というのは、『アジア的ということ』p239(吉本隆明著)の中での指摘だ。

(たしかに民主主義や、有志からお金を募る資本主義は、そんなイメージかもしれない)。

でも、げんざいのトランプ政権下のアメリカや、きょう保守党が選挙に勝ったらしいボリス・ジョンソン政権下のイギリスは、どうなんだろうと思わなくもない。

「小さな問題を積み重ねている」感はしないんだよねぇ、なんとなくサ。

個人的な好みで言えば、60年代から70年代のアメリカのカルチャーが好きです。

「大統領の陰謀」は何度も観ているし、UNIXの設計思想も好きである。

UNIXこそ、まさに、「小さな簡単な問題から出発して、それをどんどん積み重ねていって、あらゆる関連性をつかんでいく」設計思想なんですねぇ。

あ、話がずれてしまいました。

現在のトランプ政権やジョンソン政権は、専制政治的なのか、従来の「積み上げていく」的なものなのか、

その両者がせめぎ合っていいるのか、

あるいは、吉本さんが言うように、西欧の解体なのか、ま、いずれにせよ混乱しているみたい。

混迷していたと言われる60年代70年代のアメリカだって、現在にくらべれば、おおらかな感じだよねぇ。

日本のデータ問題、ね。

データを消去する会社の社員が、そのハードディクスを持ち出しヤフオクで売っていたというのは、失礼ながら、おもわず笑ってしまった。

また、デル・コンピュータ(かな?)のストレイジの破損により、どこかの行政機関のデータの復旧が困難らしい。

内閣府では、「桜を見る会」をめぐって、バックアップデータは公的文書ではないと言い張っているし。

個人的には、これからますます、ものの社会からデータ社会になっていくと思っていいる。

ここでいうデータ社会とは、ものより、データの方が上位になる社会ということである。

そして一方では、日本の「アジア的」な、中央の専制政治的な、官僚的なものが坐(ま)しましている。

ま、官僚的なものを保守できるなら、データを破棄しても、バックアップデータは公的文書としなくても、よろしいというわけ。

データを開放すると、保守的なものが崩壊するかもしれないし、意外に、そうでもないかもしれないけど、

ま、その点、専制的でありながらデータ中心の社会を目指す中国はユニークかもな。

aws

ターミナルからdigコマンドを打てば、ドメインから、どこのクラウドが利用されているのか察しは付く。

dig tsuru.space tsurumaki-office.com NS +short

といったかんじネ。

いぜんからNetFlixがAWS(アマゾンのクラウド)を利用していることは知っていた。

で、あらためてdigコマンドでしらべてみると、いろいろ、おもしろい。

GoogleやYahooなどは、もちろん自前のクラウドとなっている。、

仕事を落札できるプラットフォームCrowd Worksは、AWSだ。

意外なのは、ニコニコ動画もAWSが利用されていたことだ。

ドワンゴ(ニコニコ動画)の前社長・川上さんは、自前にこだわる人だと思っているので、てっきりサーバーも自前のものだとおもっていたわけ。

AWSはインスタンス(仮想サーバー)を稼働させたり、Elastic IP(固定したIPアドレス)を利用すると料金が発生する。

なので、練習がてらやっている際には、意識的にインスタンスを止めたり、Elastic IPを開放するようにしないと、思わぬ料金になってしまう。

この点、たとえば個人や小さな事業所にとっては、ウェブサイトの立ち上げに、AWSのような従量制のサービスを選ぶのは合理的ではない。

さくらのレンタルサーバーのような、月極めのサブスクリプション(一定料金)の方が向いているんだネ。

 

サブネットマスク

IPアドレスには、一意のグローバルアドレスがある。

一方ではローカルアドレスもある。

グローバルアドレス/ローカルアドレスとなるので、けっきょく、一意のアドレスだ。

ま、そこまで知っていた。

その先のこと、ローカルアドレスが、ネットワーク部とホスト部に分かれている認識が足りなかった。

それは、大きい事業所でないので、いくつものネットワーク部を持っていないためだ。

で、ローカルアドレスについて、どこまでネットワーク部で、どこからホスト部か認識させるために、サブネットマスクがあるのだね。また勉強になりました。

習慣を変えよう!

いぜん「マイルドヤンキー」という、ことばを目にした。、

これは、髪の毛を金髪に染めてバイクを転がす若者ではなく、幼ななじみと一生涯付き合い、同じ価値観を共有するような人たち、というイメージ。

この層は意外の多い。そして岩盤である。1mmも、動きやしない。

そしてその理由を、習慣と、日本的な共同体の相互扶助に大きく分けてみる。

後者は、もう、古代から、たゆたっていると言っても、良いものかもしれない。いや、かけがえのないものでしょう。

問題は前者だ。習慣なら、思い切ってなくしてみるのも良い。

いままで、それがなくては困るものだったけれど、それに変わるものが出てきているわけだから。

もっと言えば、げんざいは、ネットとスマホで社会が再構築されている最中、といっても良い。

たとえば、テレビの変わりにはYouTubeやNetFlixがあるでしょう。教育だって、スタディサプリやUdemyで出来てしまう。

自動運転しかり、いままで普遍的だとおもっていた(法定)通貨さえ、仮想通貨になっていくよねぇ。

こころ

きのうのブログで、吉本さんの質問のやりとりから「じぶんのこころと、正しいこと」の矛盾について引用した。

漱石の「こころ」は愛読書である。何度も読み返している。当ブログで村上春樹の「多崎つくる」と比較し、こころの喪失感についても書いている。

漱石のこころは中心があるモダンなもので、一方の村上春樹のそれには、中心がないというふうに。

(エゴについてクリアでないので、なんだけれど)これは、たぶんエゴの問題だ。

そして「じぶんのこころと、正しいこと」とエゴは関係ある気がしている。漱石の「こころ」の先生について、そういう読み方ができるかもネ。

親鸞について

「吉本隆明 問答集 宗教」から気になるところを抜粋したりしている。

「少なくとも自分が正しいことをいうばあい、「こういう言い方しかできないよ」というかたちで主体的に橋が架かっていなきゃいけない。つまり自分のなかで、嘘をつく自分と、正しいことをいう自分の間に、よく考えられていなければならない。自分はここのところは嘘で、ここのところはいつでもごまかしやすいんだなあという問題が主体的に突きつめられていなきゃいけない。もうひとつは、理論的にといったらおかしいでしょうか、理念的あるいは教義的に突きつめられていなければらなない」(P6)

「親鸞は弟子たちを教育し、問題を解いていかなければならなかったわけですが、その一方で、死ぬまで自分の考えを深めていきたいという強い願望をもっていました」(P11)

「親鸞は人間を非常にくだらない存在であるとみなし、だれでも修行すれば立派になれるなどということは、まったく前提にしていない」(p21)

「思想というのはさまざまな解釈をゆるすわけですが、真理を共有することは非常に難しい。思想において共有できるのは真理の形式だけだといっていいぐらいなんですが、偉大な思想家であればあるほど、そこからちょっとでも逸れると真理を理解できないような考え方の経路をつくる」(p48)

漱石と親鸞

江戸時代は鎖国の時代でもあった。海外との交流はとても少なかった。幕末、列強はアジアを侵食していった。国内にも脅迫感が充満していった。とうしょの風潮は、天皇を敬い夷狄(いてき)を打つ、いわゆる尊皇攘夷だった。それが一転、開国になっていった。

日本は、日清・日露戦争でその名が海外に知られるようになった、とおもう。

とうじも為替は弱かったけれど、両戦争以前、日本の通貨は、より円安(銭安?)だっただろう。

そのような状況で、国の費用で海外に留学した鴎外や漱石は、日本選り抜きの秀才だったとおもう。ま、わかりやすい言葉でいえば、エリートだったわけね。

年をとってくると、鴎外の文章も味わえるようになってくる。

けれど、どちらが好きかと言われれば、だんぜん漱石である。

漱石は自分の置かれた状況に棹(さお)されれば、大学の先生を続けて安泰だった。

しかし先生は、そうはせず、とうじベンチャー企業だった朝日新聞に入社し、小説を連載する。

その肖像が千円札にもデザインされた漱石が、日々のお金を心配していたとい事実は、現在の僕たちからすると、なんか、ポカンとしてしまうよねぇ。

ところで、吉本隆明と僕は好みが似ている。吉本さんもまた、漱石が好きである。親鸞も好きである。

吉本さんの視点はユニークだ。そのひとつを抜粋させていただこう。

「大秀才が万巻の経文を読み重ね、それを理解しつくす。しかし、そこでふと目を上げたとき、現実のさまざまな課題が迫ってくる。積み重ねてきた知識と現実のさまざまな課題を突き合わせたとき、後者のほうがうんと差し迫って見える。親鸞はおそらく、そういう転換が欲しかったんではないかと」(「吉本隆明 質疑応答集」(P49)

「まず僕は、親鸞の資質が好きなんですよ。要するに受身でしょう。彼は念仏を信じるも信じないも、みなさんの計らいだという。つまり思想を絶対にオルグしなくて、非常な受身なんですよ。もっと高級化していえば、親鸞は意志が通用する領域、意志がこしらえる領域をそんなに広いものと踏んでいないところがある。つまり、人間的な意志よりも、現実の向こうからからやってくる要因のようがそうとう重要だと考えている」(同P28)

「当時、仏教者として優秀な人はたくさんいたし、そこから出た門徒もたくさんいました。彼らは知識・教養あるいは理念としての仏教をもち、そうとう突きつめてきたかも知れないけれど、状況論がないんですよ。現在に理念を対応させるというものがない」(同P30)

これは親鸞についての解説だ。

ただし、漱石、とすり替えても十分な解説になりうる、とおもう。

漱石自身そういうところがあるし、小説でも、そういう感じを読み取ることができる。

おおよそエリートはエリートのままだけれど、漱石や親鸞は、位相を180°回転させたわけですねぇ。