ブランドについて

このところブランドについて調べたり考えたりしている。

結局「好き」がブランドにつながるのではないか。まず、そう考えてみた。

買う方は「好き」なら、その商品にロイヤリティを支払う。

一方、作り手は自身の「好き」をとことん掘り下げ、さらには共感する人の協力を得ながらブランドが作られてゆく。

これ、なんとなく筋が通っているけれど、スッキリしない。

で、そのあと、フィリップ・コトラーやデビット・アーカーを読んでみたりして。

マーケティング用語に慣れていない、というか、むしろ、そのカタカナ加減が煙たくなってきて途中で投げ出してしまった。

余談になるけれど、これには翻訳が影響しているように思う。

翻訳が悪いというのではなく、そもそも日本語は抽象的な概念の説明には向いていない。この際、限界があると言ってしまいたい。なので可能なら英文(原文)のまま読んだ方が良いと、おもう。

えーと、話がそれてしまいました。

ブランドについて考えていて、「好き」というアプローチはスッキリしない、米国生まれのマーケティング理論は初っ端からつまずいてしまい、

ある切っ掛けから「会社の値段」(森生明)に出会うことができた。この本が参考になった。

貸借対照表は左側が資産で、右側が総資本だ。左側と右側は釣り合っている。右側は負債と純資産で構成されていて、当初より株価が上がると(時価総額が増えると)、バランスを取るため左側の資産が増える。この増えた部分が無形の営業資産、いわゆる「のれん」となる。ブランドは、この「のれん」部分の大きな要素となる。

違う「相」を組み合わせること

速度✕時間=距離

それはそうなんだけれど、このシンプルな式をジッと見ていると、

「速度」と「時間」はまったく違う「相」を掛けていて、

さらに、その結果「距離」という、これまた違う「相」になっている。

この発見は新鮮だったし、この種の分かりにくい概念に対し腑に落ちる手助けにもなったりする。

こういう例は他にもある。

たとえば貸借対照表(BS)。

バランスシートの右側は「負債」と「純資産」の合計、つまり「資本」になっていて、一方の左側は「資産」といった、まったく違う「相」になっている。

複式簿記は理解しにくいという声を聞く。その原因のひとつは「相」の違いにハッと思った経験があるかどうか、そのへんにあると思ったりしている。

「相」

「相」という漢字。以前から木にはなっていた。

ウィキペディアによると、「相」は「木」と「目」を組み合わせた文字で、

目が気に向かい合うことから、よく見て調べる事を指す。人相、相性など。

「相」はあえて英語に対応させると、「aspect」と「phase」があげられるらしい。

aspect =>One part of a situation,idea,plan etc that has many parts.

phase =>One of the stages of a prosess of development or change.

英語的には、そうやら概念を示したり、状態を示したり。いずれにせよ、対象は外側にある感じ。

一方の「相」は、人が観察する、つまり主観的なニュアンスがある。

これは、なにも「相」/「aspect」「phase」だけでなく、多くの言葉にもどういった傾向があるように思う。興味深い。