SNS

テレビに新聞や雑誌、それに電通をトップにした広告的なアプローチ。

とりわけ、ぼくたち以上の世代、あるいは、あるていどまで年下の世代にとって、それらは意識することもなく、空気のような存在だ。

しかし、ここ数年、旧メディアや方法は相対化され、所与のものではないと、あきらかに感じるようになった。

それはSNSによる。

ウェッブサイトは、あるていど、旧メディアと似ているとおもっていたけれど、SNSはまったくちがう系統だ。

ある意味、インターネットの持つ特性が、時間をへて、ようやく反映されていきたともおもったりして。

SNSの影響は、いまや、とても大きい。ぼくらにとっては、情報空間全体が違った色彩になってきている。

じゃ、旧メディアに方法に、どっぷり身を寄せてきた世代は、SNSとどう付き合っていったらよいだろう。

旧来のものに接しSNSとは付き合わない。それも、ひとつ。

ある意味、それは、ラクなのかもしれないわな。

でも個人的には、そういうの、イヤなんですねぇ。ま、「とりあえず、やってみよう」しか、思い浮かばないけれど。

緊急事態宣言と、まん延防止法

新型コロナに際して、政治・行政は、いろいろな施策を行っているようだ。

もちろん、それには意図があるだろう。

けれど、逆の立場にある僕らからすると、どんどん複雑にみえて、なにがなにやら分からない様相になっている。

たとえば、緊急事態宣言と、まん延防止法の違いはなんだろう。

グーグルにて「緊急事態宣言 まん延防止法 違い」を検索してみると、NHKの解説が、そのトップに表示されている。

解説によると、緊急事態宣言は、感染状況が最も深刻な「ステージ4」相当で発令され、

一方の「まん延防止法」は「ステージ3」相当が想定されている。急速の広がりに対しては「ステージ2」での発令もありうる。

また前者が都道府県単位の発令になるのに対し、後者は知事の判断により、市町村単位で発令できる。緊急事態宣言と同様、飲食店に対して、営業時間の短縮の要請、場合によっては命令もできる。

ま、こう読んでみると、きめ細かな対応が可能になった気もするけれど、

その一方で、緊急事態宣言を再発令したくない政府の思わくも、見え隠れしたりして(発令により、政府の失策とみられることもあり)。

コロナについて

外に出ると、みんなマスクをしているんだよねぇ。

けれど、海外では、どうも、ちがうらしい。

ネット上のニュースをチラチラみていると、アメリカやフランスでは、マスクをつけるにせよ、つけないにせよ、「それ、個人の自由だろ」という人が、少なくないらしい。

「なぜ日本人は、みんなマスクをしているんだろう」について追求すると、キリがなさそうなので、ここで深くかんがえるのは、よそう。

言いたいことは、日本では外ではマスクをすること、(そしてマスクを外す機会となる)外食を、感染者の数に応じて柔軟に制限することで、感染を防いでいるような気がしている。

要は飛沫を防ぎ、感染防止としているみたいな。

疫学に詳しくない僕でさえ、3月末のタイミングで非常事態を解除すれば、感染は再拡大するとは、おもっていた。

変異したコロナは、感染力が通常の1.4倍であるというニュースに接している。

僕を含めて、人は直線を直観しやすいけれど、指数はイメージしにくいんだよねぇ。

コロナの感染者は指数的で、たとえば変異株の感染力が通常の1.4倍だとすると、1人めの感染は1.4に、2人めは1.96、3人めは2.76…となっていく。

それと、3月末から4月末は組織変えにより人が移動する。その際には、歓送迎会が行なわれる。また花見のシーズンでもある。食事をする機会は1年で一番多いんじゃないかしらん。

食事をする時は、言うまでもなくマスクを外さなければならない。調子に乗って酒でも飲めば、ボルテージが上がって飛沫は飛びまくる。

ワクチンの手当は、遅れている。

というのは、たしか菅総理は1月の所信声明の中で、2月からワクチンの接種が始まると言っていたとおもう。

いま、ようやく始まり出していて、少なくとも、2カ月は遅れているのではないか。

これは、想像だけれど政府は、以下のようなスケジュール感を持っていたのではないか。

2月からワクチン接種を始める。

3月末、高齢者の多くが接種を終えたころ、非常事態宣言を解除し、また同時にオリンピックの聖火ランナーが全国を走り出す。ま、こんなかんじ。

もしそうだとすると、このシナリオは崩れている。

聖火ランナーが走り始めている現在、コロナ感染は再拡大の兆しをみせている。ワクチン接種は、まだ一部にとどまっている。

ワクチン接種には、政府と地方行政スムースなやり取りは必須だ。政府の保健所とのやり取りや、給付金のときの手際から察すると、なんとなく、これも、あやしい気がしている。

マイナンバーカード、まだ有用じゃないんだよねぇ。