コードを書いた方が理解しやすいこともある。

ひとの理解には得意、不得意がある。

定量的な事柄は、ほんらい人は苦手だと思っている。

さいきん、たとえ文章であっても、定量的っぽいことについてはコードを書いてみて、「あ、そっか」と思ったりして。

それまでは、なにがなんでも文章で理解していた僕としては、もっと早く、この方法に気づけば良かったと思っている。

高校生に戻れるなら、教科書に書いてあることをコードを書きながら理解することも出来たわけで。当時と違って、現在の学生は(たぶん)パソコンを持っているのだから、すべて文章で理解するのではなく、場合によってはコードを書きながら理解した方がスマートだと思うよ。参考になるかしらん。