雑誌や印刷

ざっくり言って、ここ10年で、書籍、さらには印刷の市場は2割縮小している。そのあいだ、景気が回復しているにも関わらず。

じつは、書籍や印刷物は税金で救われている側面がある。

たとえば全国の市町村や大学の図書館には、雑誌がそろっている。で、もともと雑誌というのは発行部数が少ないので、発行部数に対する図書館比は高い、と言える。いうまでもなく、図書館の雑誌の購入費は税金だ。

パンフレットをあまり見かけなくなった。けれど行政機関というには、みんなに同じサービスをする性質(義務?)があるので、ネットにつながっていない人を考えて、パンフレットを発行している。もちろん、こちらも税金による。

そもそも、行政機関って、みんなに均しく同じサービスを付与する余裕、あるのかねぇ。

財政の縮小を余儀なくされたとき、雑誌、印刷というのは厳しくなりと思うよ。もっとも、これは、ほかにも当てはまるんだけれど。

Pixel4

グーグルからPixel4が発売された。同社のスローガンは「AIファースト」だ。それが凝縮された一機だと思う。

オッケー。今春のGoogle I/Oを振り返ってみよう。

その中で「100GBのディープラーニングのモデルを0.5GBで実現した」ので、「ネットの接続環境でなくてもローカル(スマホ)だけでデータが処理される」という発言があった。

数年前から、iPhoneでも、ローカルのAIエンジンでデータが処理されている、とおもう。けれど、ほら、アップルはスペックを多く語らないでしょ。それに対して、グーグルは語ってくれるよねぇ。

で、グーグルってさ、一種のソフトウェアおたくだから。

ソフトウェアによる抽象化で従来のハードウェアに置き換える傾向がある。「その意気、よし」である。支持するついでにPixel4を買うぞ、と言いたいところだけれど…ま「余裕があったらな」だねぇ。

Google I/O 2019 22分〜

 

以前より正解には意味がない

専門的な分野、と書いてみる。

ならば「どこから専門的なんだよ」って、突っ込みたくもなる。

だって、じぶん以外(その人はその人にしかないような)一意の人でしょう。

学校にはテストというものがある。

これは解答というお手本に近づけば良いとされる。

すると多くの生徒は、解答に近づこうするし、少なくとも先生は近づくように指導する。

かくして生徒は同じ解答を解こうとするわけで。一方で、個性、個性と言っているのだから、ま、いい加減なものである。

専門的なことや、正解に近づくことは、わりとモダンなことだとおもうわけ。

こういうのと、同じことをする、同じものを作ることと、相性が良いかったりする。

梅棹忠夫さんが情報産業という言葉を作ったのは、もう50年以上前のことで。これ、アルビン・トフラーより前だぜ、というのは、誰かの受け売りだけだけれど、ま、先見性があったわけネ。

げんざいは、もはやモノづくりより、ソフトウェア、さらには情報中心の社会になっているでしょう。

そうなると、正解よりむしろ仮説を立てたり、誤差を考慮した方が有効かもしれないだわ。

1+1=3は誤差が50%もあるので、さすがにマズいけれど、1000+1000=2001なら誤差0.5%なので、ま、そんなもんだろうみたいな考え方。