海を越えて来た概念について

明治時代に国が開かれ、西欧のモノが多く入って来ただろう。モノは、目のまえにドンと置かれれば「あ、こういうものネ」というぐあいな、そのような実感はあるだろう。でも、法律の体系や哲学といった西欧の抽象的なことがらに際しては、ちゅうちょしただろう。そもそも、それを説明するための言葉さえ、日本には存在しなかったわけだから。

『日本漢語と中国』(鈴木修次)には、西欧の概念が、日本と中国ではどう言語化されていったかが、書かれている。

日本では、西欧の概念を広めるにあたっては、加藤弘蔵(弘之)、西周、それに福沢諭吉といった人たちが知恵を絞った。ちなみに、この三氏は幼少のときに、滝沢馬琴を読んだという、そんな世代の面々である。江戸の黄表紙や漢文から西欧の文献までその読書量は、尋常ではなかっただろう。たぶんね。

日本語化にあたっては、漢文から引用した言葉をあてたケースが多かったらしい。権利、観察、視察、実際、実験、経験、実証、真理、論理、形而上、形而下、演繹、帰納、宗教、自由といった言葉たちである。

で、権利、観察…といった言葉を、一つひとつ見つめてみると、これが、ぼんやりしてしまうんだなぁ。それは、もともと西欧にしかない概念を、さらに、中国の概念が言語化された言葉(漢文)からの引用で、まかなかわれたからだと思うんだなぁ。

ところで、マーケティングはアメリカがお手本になっていることもあって、もともとカタカナの用語が多いんだけれど。ネットが普及してきて、さらに新しいカタカナがお目見えしているよね。例をあげてみます。

アクティブユーザー、セッション、ページビュー、インプレッション、コンバージョン、ネイティヴアド…..。

ま、いずれにせよ、海外からの概念を使うときは、ちょっと立ち止まってみる必要があると思うんだね。自分なりに、こなれていないものは使わないというのも、いいよね。net_blog2

ネットでどうなったのか

ネットを利用しはじめたころは、ネットは、あくまでツールとして使っていて、「あ、すげぇ便利だわ」という感じだったんだね。

一例をあげてみよう。

ネット以前は、文字指定された原稿をファックスで送り、それを見ながら写植屋のおっさんが、印刷に使えるような文字を打っていた。そのあと、デザイナーがマックを使いはじめるようになると、原稿を保存したフロッピーをバイク便で、デザイナーに送ったり、まぁ、そんなふうにしていたわけ。

なので、ネットで原稿を送れるというのは、新鮮だったんだなぁ。「メールで原稿を遅れたときは、ほんと、興奮してしまった」と言っても、いいすぎじゃないね。

じっさいに時間も節約できるし、経費だって節約できた。だって、千駄木(文京区)から表参道まで、バイク便を使って(原稿を保存した)フロッピーを送ると、2000〜3000円もかかったんだぜ。

ま、もっとも、メールで送ったときのトキメキは、遠い良き思い出になってしまった。現在、ネットはツールというより、媒体としても存在感が増してきた。新聞・雑誌・パフレットといった旧来の媒体は、ネットにその領域まで侵食され、僕たちの職業に影響しはじめた、というより、ノックアウトしはじめたわけ。あれ? へんな終わり方になってしまったね。

sakana

 

 

図書館のウェッブサイトについて

10代にはピンと来ないかも知れないけれど。そのむかし、図書館には図書カードというものがあったんだ。図書館内に収納棚があって、その中に、「あいうえお」順に書籍の名前が書かれたカードが整理されていたんだね。館内に、その本が置いてあるかどうか、それでチェックしたわけ。

職業がら図書館はよく活用しているけれど。現在、図書館で、この図書カードを見たことはない。そのかわり、館内に置かれているコンピュータで調べられるようになっている。

個人的には、館内のコンピュータはほとんど使ったことがなく、自分のパソコンで、居ながら図書館のウェッブサイトで調べ、図書をリクエストしている。

近ごろ、図書館のウェッブサイトでは、自分のアカウントに読みたい本のリストを作れるようになっているでしょ。検索して、借りないまでも、将来読みそうな図書をリストにどんどん入れていくという。ま、Amazonでいえば、ウィッシュリストのようなかんじだね。

これはとても重宝していて、さらに欲をいえば、本の感想を自分のアカウント内に書き込めるようになると、もっと良いなぁ。その感想を図書館の利用者どおしで、シェアできたら、もっと面白いと思う。

そのためのサーバーの貸出や、アプリケーションの利用に対して、このさい、お金をとっても許されると思うよ。たとえば、利用者一人あたり300円とか。少なくとも、オレなら払うわ。都内にはさすがにないけれど、駐車場代をとる図書館もあるくらいだから。自治体は、税金以外でお金を稼いでも問題はない。。よね?

 

net_blog

手帳を利用してiPhoneを立ててみる。

 

iPhone6になってから、だんぜん、映像が見やすくなった。といっても、手に持ちながら見るのは、すぐに疲れてしまう。どこかに、置かなければならない。

で、そのとき悩ましいのは、iPhoneをどう支えるのかである。現在、どういう方法が良いか、ぐずぐず試している。

 

iPhpne_TATERU1

いつも持ち歩いている「ほぼ日手帳」の内ポケットに、プラスチック製の「iPhone立て」を入れている。

 

iPhone_TATERU2

「iPhone立て」を折り曲げ、固定して、

 

iPhone_TATERU3

このようにiPhoneを立てかける。なかなか、いいかんじです。

 

iPhone_TATERU4

ただし、これが、よくどこかに行ってしまう。ならば手帳で支えちゃおう。

 

iPhone_TATERU5

まず手帳を逆さまにする。そしてしおりを、このような位置に置く。

 

iPhone_TATERU6

そのまま手帳を閉じてしまう。

 

iPhone_TATERU7

ほら、このとおり。

 

「ほぼ日手帳」のhanehana(ミナペルホネン)には、うまいぐあいに、しおりに玉状のアクセントがついている。

他の手帳が、うまくいくかどうかは、ちょっと分かりませんが。

ちょっとバカバカしい気がしなくもないけれど、時間のあるときに、試してみては、どでしょ?

読まれないよ

ツイッターをやって3年くらい経つと思う。ようやくフォロワーが300人を越えた。さいしょは、日本風のインシャルでやって(ふ_つる)、途中から実名に変えた。そもそも実名にするまで、けっこう迷ったっけ。

ツイッターをやってみて、自分の思いが届かない、というか、それ以前に自分のツイートが目にさえ触れないことを思い知った。ツイートは、ただただタイムラインに流れてゆくよ。

目にさえ触れないという点では、検索されることのないブログや、たぶんフィスブックでも同様だろうよ。まるで、砂浜に砂を流しているような。

こういう虚しさは、たとえば新聞や雑誌、パンフレットにコピーを書いている時には、感じなかった。内心、届いていないだろうとは思っていたけれど、ね。

ま、いずれにせよ(身近な人に伝えることも難しいけれど)会ったことのない人に、自分のつぶやきでも、意見でも、コピーライティングでも、見つけてもらい、さらには読んでもらえることは、もう奇跡に近いことが実感できたよ。このことは、ツイッターやブログをやったおかげだわ。

Googleアナリティクスのフィルタリング

 

うちのウェッブサイトって、海外でみられているわぁ。アメリカ、ロシア、スペイン、それにプエルトリコまであるんだぜ。

noset_analytics1

 

 

ま、これは、たいしたカン違いでして。これは、リファラスパムというスパムのワルさらしい。偽装リンクが貼られ、それが統計ツールにカウントされてしまっている。

このウェッブサイトの統計につかっているGoogle アナリティクスでは、とくに多くみられるみたいネ。

で、ここから、Googleアナリティクスを使用していて、同じことに惑わされた方に向かって書きます。

レファラスパムを排除するために、該当するレファラスパムのURLにフィルターをかけてみたけれど。どうも、これが、うまくない。

第一に、次々に貼られるレファラスパムに対して、そのつどフィルタリングをかけるのは、とても面倒である。第二に、フィルターをかけても、するりと抜けてしまうレファラスパムがある。

この悩ましいことがらに対して、オレ、条件をかえてフィルタリングしてみたわけ。これが、うまく行っているかんじなんだなぁ。具体的に、2つのフィルタリングについて書いてみます。

 

1)「言語 / not set」のフィルタリング

 

Google アナリティクスのウェッブサイトより、ログインする。上部に表示される「ホーム レポート カスタム

アナリティクスス設定」の中から、「アナリティクス設定」を選択する。

noset_analytics2

 

「アカウント プロパティ ビュー」が表示される。「ビュー」の上から5番めの項目「フィルタ」を選択する。

noset_analytics3

 

 次のページに表示される「新しいフィルタ」をクリックする。 

noset_analytics4

 

 

「新しいフィルタ」のページでは、以下のような設定を行なう。

・任意の「フィルタ名」をつける(「言語 notset リファラスパム」と付けてみました)

・フィルタの種類「カスタム」を選択

・フィルタフィールド「言語設定」を選択

・フィルタパターン「not set」と記入(notとsetのあいだには半角スペースを入れます)

notset_analytics5

 

「保存」をクリック。

notset_analytics6

 

 

2)「ブラウザー / not set」のフィルタリング

任意のフィルター名をつけ、フィルタフィールドは「ブラウザー」を選択する。そのほかの手順は、上記とまったく同じです。

 

 

ウェッブ上に表示されるフォント

 

このウェッブサイトは、WordPressを利用して作成している。

ブログのエディタ用 Plug-inは、Tiny MCE Advansedを使っている。フォントの文字など気にせず、ただただ書いている。なので、閲覧者のブラウザーには、それぞれのブラウザー側で設定されているフォントが表示されているはずだ。

ちなみに、ブラウザー上にデフォルト状態で表示される(自分でとくに設定していないばあい表示される)フォントは、以下のような感じらしい。

(http://www.6666666.jp/design/20140428/より引用)

 

Safari 7 / Mac 10.9

Helvetica / ヒラギノ角ゴシック ProN

       

Firefox 25 / Mac 10.9 

ヒラギノ角ゴシック ProN

 

Chrome 30 / Mac 10.9

ヒラギノ角ゴシック ProN

 

IE 11 / Win 8.1

メイリオ

 

IE 8 / Win 7

Arial / MS Pゴシック

 

Chrome 30 / Win 8.1

MS Pゴシック

 

 

一方、スタイルシート(font-family指定)を利用して、書く側でフォントの種類を指定することもできる。Tiny MCE Advancedでは、あらかじめ「フォントファミリー」のタブが用意されており、好みのフォントを選ぶことができる。

フォントを選ぶと(たぶん、ブラウザー側でフォントがないばあいに配慮され)、そのフォントのほかに、類似したフォントも自動的に指定される。たとえば、以下のような感じ。

 

Andale Monoを選ぶと、

andale mono

times

   

Araiを選ぶと、

arial

helvetica

sans-serif

   

Arial Blackを選ぶと、

arial black

‘avant garde

   

 

ま、もっとも、ブログを書くにしても、いちいち文字の種類を指定するのは面倒なので、オレのばあい「指定なし/ 閲覧者のブラウザーまかせ」で行くよん。

 

ソフトバンク光のセッティング

 

ソフトバンク光に変えた。いままで使用していたNTTの「ひかり電話ルータ」(終端装置)は現状のまま、ソフトバンクの「光BBユニット」をつなげるという。

 

softbank_hikari1

でもさ、これって、両方ともルーターになってしまう、いわゆる二重ルータじゃないの。杞憂かもしれないけれど、いずれかのルータ機能をオフにしたい。で、どうやら「光BBユニット」のルータ機能はオフにできないようなので、おのずと「ひかり電話ルータ」の方をオフにすることに。

 

softbank_hikari2

 

ちなみに、その手順については、自分の備忘録として、ブログに書いてある

 

ついでに、その際にNTTの「ひかり電話ルータ」の設定をするためのパスワードをすっかり忘れてしまっていたので、その対処法についても、記している

 

で、心配ごとは、それだけですまなかった。IP電話の接続は、どうすりゃいいんだ。いままでは、NTTのVoIPアダプターを使用していたけれど、

 

softbank_hikari3

 

ソフトバンクに切りかえ、どうすれば良いのか。さいしょは、このように接続してみたが、

 

softbank_hikari4

 

 

あ、違いました。けっきょく、ソフトバンクのサポートセンターにたずね、NTTにまで問い合わせ、けっきょく、次の図のようになった。ソフトバンクは、VoIPアダプタについて知らないし、NTTはIP電話にはVoIPアダプタが必要だと思い込み。。。ということで、聞いている方が、振りまわされてしまったよ。

 

softbank_hikari5

ま、なんのことはない。ソフトバンクの「光BBユニット」は、ルータ機能だけではなく、VoIPアダプタの機能も兼用していたという。そういうかんじだろう。機器の裏側の配線は、つぎのようにシンプルだ。

softbank_hikari6