本人である担保

個人は明治以降、西欧から入ってきたコンセプトだとおもう。

「個人」という言葉自体、福沢諭吉と同世代の誰かが創作したに違いない。

西欧から入って来た多くの概念と同様、個人が日本に根ざしているかどうかは、心もとない。

最近は、個人情報が、やかましい。

そのことと関係あるけれど、個人の特定は思った以上に難しい。コロナ禍、定額給付金の支給で、そのことが図らずも露呈してしまった。

個人の同意を残すために、慣習として印鑑が用いられてきた。

しかし印鑑は偽造できてしまう。PhotoShopなどグラフィク系のアプリケーションを利用すれば、以前より、簡単に出来てしまうだろうよ。

IDとパスワードが盗まれ、本人になりすますニュースが後を立たない。

これは、ウェッブの立て付け(サーバー/クライアント方式)の不完全さから来るものだ。

このような不正を解決する。その方法は…ある。

ブロックチェーンだ。

個人ひとりひとりが一意の文字列を持ち、取引の履歴は一意の文字列をつなげていく。すくなくとも現在まで、ハッキングされた事実はない。

ただブロックチェーンのキラーアプリケーションといえば、仮想通貨しかない。

なので、本来のセキュアな取引への活用というより、ブロックチェーンは、仮想通貨=投資というイメージになってしまっている。

ウェッブは、新聞、テレビ、映画、広告といった旧来の情報産業を押しやっている。個人的には、情報革命と言ってしまいたい。

一方、ブロックチェーン技術が普及すれば、たとえば銀行や保険といった信用を付与していた存在が必要ではなくなり、個人同士が直接つながりセキュアな取引が出来ようになっていく。これ、信用・信頼革命なんですねぇ。

数年前、河野太郎・現行革大臣は、ヴィタリック・ブテリンと対談している。そのニュースに触れた時、生意気ながら「ああ、いい感度だなぁ」と思ったりした。

ちなみにヴィタリック・ブテリンとは、ブロックチェーンを使った取引を可能にしたイーサリアムを開発した青年(現在26歳)だ。

ともすると印鑑の廃止に目が行ってしまうけれど、

河野さんは、少なくとも、個人の認定にはブロックチェーンがとても有用なことは認識していると思うわけ。

データについて

なぜプログラミングをやっているんですか?

そう聞かれたことがある。

はじまりは、そういう風潮があるからだ。

やってみた感想としては、コスト(時間)のわりに得るものが少ないと思っている。

それだけのコストをかけてプログラミングを勉強する人は、やはりプログラマーを目指す人である、とおもう。

ただし、ウェッブサイトに公開されているデータを(そのまま)スクレイピングする、あるいはExcelのデータをダウンロードし、任意に応じて加工、グラフ化できるようになったのは収穫だった。

ちなみに僕は、ライターである。

なぜライターとデータが関係するのかと言えば、そのデータを提示しながら、取材を進められるからだ。

取材は、流れのまま話を進める、というわけではない。基本的に。

なにか共通の話題を用意して話を進行していく。

その際、客観的なデータの提示というのは、けっこう有用だとおもっている。

もっとも、どのデータを選ぶのか、どのようにデータを加工するのか、個人のバイアスはかかっている。なので客観的というわでもない。あくまでも客観的な感じがする、という感じ。

菅内閣は「デジタル化」とともに「データ化」も大きな旗印にしている。

ま、その大きな流れに乗った方が、やりやすいというのも、あるけれど。

ケガの功名でExcelへ

いまExcelをやっている。

Excelにたどり着くまで、長い道のりだった。

げんざい、Appleは時価総額世界一になっている。

僕たち、というか、グラフィック・デザイナーがMacに憧れていたころ、Appleは、げんざいと比較にならないほど小さく、それどころか、倒産寸前だった。

AppleStoreなどあるはずもなく、たしか、キャノン販売が販売代理店やっていたんじゃないかなぁ。

さらに、それよりも前、Macはデザイン会社が経費で無理して購入するレベルだった。数百万円もした。マニュアルは英文だった。

話は前後するけれど、Appleが倒産しかけたころ、ようやくフリーのグラフィック・デザイナーが(個人が)手の届くか、届かないかくらいの価格になっていた。

なぜデザイナーがMacなのかというと、とうじ、IllustratorやPhotoshopといったグラフィック用のソフトウェアは、Mac版しかなかったからだ。

ぼくたち周辺はMacだったけれど、パソコン全体から見れば極めて少数派だった。Windowsがほぼ全体を占めていた。

ま、そういうこともあり、Windowsではお馴染みのExcelとは縁遠かったわけ。

数年前からプログラミングを始めている。

まずJavaScriptをやり、げんざいはPythonをやっている。

Pythonにはデータを加工したり、データをグラフ化するライブラリが充実している。

なので、この種の作業はPythonでやってきた。

相変わらず、Excelに触れる機会はなかった。

きっかけは、MacのOSのアップデートだった。

アップデートした際に、いちおう入れていたExcelは古すぎて、使えなくなってしまった。

そこで、1ヵ月無料のWindows365のExcelを試用してみた。

やってみると、Pythonでは、いままでコードを書いていた作業が、Excelなら該当するボタンをクリックするだけで出来てしまうという。

いやになるほどカンタンなんだわ。

分からないところはMicrosoftがサポートしてくれるし。

結論としては、PythonやRは、機械学習やデータサイエンスといった専門的な事がらに適していて、その流れで(とうぜん同じプログラム言語で通した方が自然なので)データの整形やグラフの描写も、PythonやRのライブラリを使ってやることになる、といった感じ。

ぼくの場合、データの整形やグラフ描写の作業だけ切り取って、わざわざPythonでやっていたという…専門の職種でなければ、Excelで充分だ。