取材について

オッケー、取材について、かんがえてみようか。

ぼくは旧いので、しらずしらず、取材と媒体がくっついている。媒体は一般的な言葉ではないだろうか。要は、新聞や雑誌のことだ。

ちなみにウェッブサイトは、あまり媒体のような気がしない。たとえばフェイスブックなどは、プラットフォームでしょう。

やはり、ウェッブサイトは革新的だったんだ。

調べたいことをキーワードで検索すれば、関連したウェッブサイトの一覧が表示される。(別に順番でなくても良いけれど)それを順番に読んでいけば、知りたい情報を収集できる。

読みながらノートをとっていけば、取材なのである。人に話しをうかがうか、ウェッブに耳を澄ますかの違いだけだ。

そう思うと、従来の媒体に依存した取材は狭い感じさえしてくる。ウェッブを読むのも取材だし、(媒体に載せる目的もなく)人と話すのも取材なわけで。要は、取材を目的にするのは、もはや有効ではないんだね。なにかを知りたい手段という。ただ、それだけ。

プライム対メルカリ

基本的に小売の販売価格は、販売店に任されている。

例外は、再販制度(生産者が小売店に販売価格を指定する制度)に守られている新聞・雑誌・書籍だけである。

がしかし、実際には、Amazonでも、メルカリでも、中古価格に設定された任意の価格で、書籍などを買うことができる。

そのさい、前者は郵送料が取られるけれど、Amazonプライムの対象商品なら無料となる。メルカリも、おおよそ出品者持ちとなっている。

ということで、Amazonプライムとメルカリは中古書籍で競合している。買う方からすれば、両者から、好きな方が選べる。

ま、個人的には、そのばあい、Amazonプライムを選んでいる、かねぇ。なんとなく品質が担保されている気がするので(じっさいは、どうか分からないけれど)

帰無仮説

ノートとして。

ある仮説を立てる。その仮説が正しいかどうか、たしかめるために、その仮説と逆の仮説を立てる。

そして、その逆の仮説の確率が低ければ棄却され、とうしょ立てた、ある仮説は正しいことになる。

その際の確率はP値と言い、棄却の目安は、5%以下とされる…こういう感じかなぁ。

なんで、こうも、ややこしいねん、