お金の流れ

メルカリで、わずかながら売り上げた。

そのポイントは、またメルカリ上で使うつもりだった。

しかし少し購入しただけで、なかなか買いたいものには出遭わない。

お金と同様、ポイントも流れていった方が良いとおもう。

なので余ったポイントは、口座の振り替え手続きをした。

きのう(金曜日に)スマホ上で手続きをして、来週の火曜日には振り替えられる。

金曜日締め、翌週火曜日支払い、

ということは、土日をはさんでも、支払いサイト(期間)は5日間だ。

このサイトを短いとみるか、そうでないとみるか。

個人的には前者である。さらには、メルカリだけでなく、ネット上のプラットフォームの支払いサイトは、とても短いとおもう。

これは、じぶんで仕事をやってきた感想なんだ。ふつうに仕事をやった場合の支払いサイトは(客先によって任意だけれど)そんなことは、あり得ない。短くても30日という感じですねぇ。

ネットにより、従来より、お金の流れは、どんどん速くなっている、ということは、事実だとおもうよ。

思い込みについて

せんじつ、漱石について触れられていた。題材に上がっていたのは「道草」だ。

主人公は、なんどとなく義父からお金の工面を受ける。もう、これ以上、関わらないよう書面を書かせる。だが主人公はイヤな気持ちになる。その後をおもい、憂鬱になる。

で、「あ、そっか」と思ったわけよ。

漱石は、持病の胃潰瘍の療養のため滞在した修善寺で、大量の血を吐く。生死をさまよう。その後、書かれた小説は、いっそう陰影を深めていく。

おそらく「道草」は、「こころ」のあとに書かれた小説だと思う

「こころ」では、先生はKの自殺に死後何十年も、さいなやみ、自身で最期を迎えてしまう。その原因は謎とされ、個人的にも、ずっと謎である。

けれど、先日の話より、漱石は思い込みを表現している、というか漱石自身、そういう心証を持っていたのか知れないと、ま、そのようなことを、思ったりしたわけ。

その思い込みは内省し、関係ないことまで、自分のせいだと思わせる、かもしれない。

じつは、村上春樹の小説にも同様のことが繰り返し描かれている。「海辺のカフカ」では、カフカ少年のドッペルゲンガーまで現れる。

そして、村上春樹の場合は、角度を変え、アタッチメント、デタッチメントという言葉で解説されていたりする..よね?

(ひとくくりにされることに、本人は了解されないと思うけれど)漱石や村上春樹は、エゴを描く作家だと言われてる。で、エゴと、思い込みは、どこか、つながっているいるんじゃないのかねぇ。

だれか、思い込みの視座からAIを解説してくれないかなぁ。

ファクトフルネス


なんとなく、世界は暴力的になっているような気がする。

そして時代が下る、つまり最近になればなるほど、暴力的なことは増えているような気もする。

さいきん、なにかと話題の「ファクトフルネス」を読んだ。スティーブ・ピンカーの「暴力の人類史」も読んだ。

両書には、暴力による死亡率は、むしろ減少していることがデータをもとに示されている。

そのほか「ファクトフルネス」には、合法的な奴隷制度、児童労働、飢餓、火災による死者数、天然痘なども減少していて、時代を追うごとに、世界が良くなっていることも示されている。

ま、直感的なことは、よく間違うし、データによる統計をしっかり見ようという教訓があったりするわけだけれど、

ひとつ気になる点もある。

「ファクトフルネス」では、世界を先進国と後進国の2つに分けるのではなく、レベル1、2、3、4に分類して見ている。

レベル1とは、飲み水を探しに遠くまで歩いたり、虫を生で食べたりするような生活だ。映像の影響力は大きく、そのような映像を見る機会があると、世界には、そのような暮らしをしている人が多いような気もする。しかし、レベル1の生活を送っている国は、年々、減少している。

逆にレベル4は、たとえば、電動ハブラシを使っているような、たとえば日本などが該当する。

言うまでもなく、レベル1や、2、3は経済の伸びしろが大きい。年率で7パーセント伸びているとしたら、複利なので、10年後には、経済は2倍になるでしょう。

それに対して、日本は、予算の半分を国債でまかない、日銀が金融機関から間接的に国債を購入し、意図的に巨額のマネーを供給しているにも関わらず、毎年、1パーセントくらいしか伸びていない。

たしかに、世界的に貧困は少なくなっていくだろう。でも一方の日本は、経済の伸びしろが小さすぎて、レベル1、2、3といった国に追い上げられ、むしろ相対的に貧困になっているんじゃないのか、と思ったりもする。

アベノミクス、じっさいは日銀の異次元の金融の量的緩和により、たしかに需要は喚起されたとおもう。需要は公共投資で作るというふうに教わった身としては新鮮でもある。

ただ、げんざいの政策の難点は、金融により需要は作ったものの、新しい産業や企業が生まれていない点にある、とおもう。そうしないと、国と日銀は借金だけ増え、東南アジアやアフリカの国から、どんどん追い上げられ、窮屈になっていくでしょう、たぶん。

好意的にみて、日銀の量的緩和は、あたらしい産業や企業が生まれるまでの時間稼ぎにはなるとおもっているけれど、じっさいは、どうなんだろうねぇ。