友人や知人が亡くなると「からだに気をつけなくっちゃ」と思ってしまう。他の人に「あいつも亡くなったし、お前も、からだに気をつけた方がいいよ」とは、わりとスムースに言えるけれど、「自分もからだに気をつけなくっちゃ」と思うのは、どうも引っかる。ま、いずれにせよ、亡くなった人たちが、現存の人に「お前も体に気を付けた方が良いよ」というメッセージは送らない(と思う)。

で、ここから考えが飛躍するけれど、自分が生きているあいだに、人の役に立っているのなら、亡くなった人たちは「まぁ、いいや」と思ってくれる(ような気がする)。

ただ、ここに世間が入ってくると、ややこしくなってしまう。世間の中で人の役に立とうと決めると、そのことに振り回されてしまうんだね。そうならないためには、自分でイニシアティブを持って考えたり、動いたりする必要が出てくる。他人のことを思うことと、イニシアティブをとるという兼ね合いについて。。。どうだろ?