ひところにくらべれば、新書版は買わなくなったなぁ。

いぜんは、好きな書店を歩いては新書版を立ち読みしたり(すまん ! )、気になったものは購入していた。

ブックオフでも、よく新書版をまとめ買いしていた。

ところでネット上の記事によると、ブックオフの売り上げは、いま落ちているそうである。

個人的にいえば、新書版のマイブームが去ったことと関係しているような気もするし、そうでない気もするけれど、ま、いずれにせよ、ブックオフに足を運ぶ機会がめっきり減ってしまった。

では、本を読まなくなったのかといえば、そうでもない。あいかわらず、ひまさえあれば読んでいる。

そう。ズバリ、図書館の利用と、アマゾンでの書籍の購入の機会が増えたのである。

図書館のウェッブサイトは、そうとう使い勝手が良くなった。

検索・リクエストができるのはもちろん、もし地区内にない書籍でも、リクエストすれば、他の行政地区にある図書館から取り寄せていただける。数分のウェッブ上の手続きで「はい、終了」である。

一方、図書館にある本も、ブックオフにある本も、いってみれば古本である。

たしかに図書館のばあい、最新の書籍では、かなりの順番待ちになることが少なくない。でもブックオフにも、最新の書籍は置いていない。

もしブックオフに最新の書籍が格安で置いてあったら、これは再販制度(新聞や書籍は、ほかの商品と違い、例外的に小売店側が勝手に値段を決めてはいけない)に違反してしまう。

ブックオフにある古本は、ブックオフが値づけしているところをみると、古本は、その限りではない。

ま、なんだか、とりとめのない書き方になっちまったけれど。

最新の本は安売りできない。古本だったら図書館でリクエストできてしまう。

このジレンマが、ブックオフの低迷につながっているんじゃない ?