個人業主の申告はカンタンだ。

その年の収入から、法定で定められた基礎控除を引き、さらに、その年の必要経費を引くだけ。

収入—(基礎控除+必要経費)となる。

それに比べると法人の申告はムツカシイ。

まず提出が必要な資料は、総勘定元帳、試算表、決算報告書である。

かく言う、げんざい休眠中の有限会社鶴巻事務所も提出していた。

いたのだけれど、ほぼほぼ税理士の方にお任せしていたので、それについての知識は皆無だ。

このことは、なんとなくだけれど、ずっと気になっていて。基礎的なことくらいは理解してみたいと思っていた。

そのためには、まずは複式簿記について知ることかねぇ。