うちのウェッブサイトって、海外でみられているわぁ。アメリカ、ロシア、スペイン、それにプエルトリコまであるんだぜ。

noset_analytics1

 

 

ま、これは、たいしたカン違いでして。これは、リファラスパムというスパムのワルさらしい。偽装リンクが貼られ、それが統計ツールにカウントされてしまっている。

このウェッブサイトの統計につかっているGoogle アナリティクスでは、とくに多くみられるみたいネ。

で、ここから、Googleアナリティクスを使用していて、同じことに惑わされた方に向かって書きます。

レファラスパムを排除するために、該当するレファラスパムのURLにフィルターをかけてみたけれど。どうも、これが、うまくない。

第一に、次々に貼られるレファラスパムに対して、そのつどフィルタリングをかけるのは、とても面倒である。第二に、フィルターをかけても、するりと抜けてしまうレファラスパムがある。

この悩ましいことがらに対して、オレ、条件をかえてフィルタリングしてみたわけ。これが、うまく行っているかんじなんだなぁ。具体的に、2つのフィルタリングについて書いてみます。

 

1)「言語 / not set」のフィルタリング

 

Google アナリティクスのウェッブサイトより、ログインする。上部に表示される「ホーム レポート カスタム

アナリティクスス設定」の中から、「アナリティクス設定」を選択する。

noset_analytics2

 

「アカウント プロパティ ビュー」が表示される。「ビュー」の上から5番めの項目「フィルタ」を選択する。

noset_analytics3

 

 次のページに表示される「新しいフィルタ」をクリックする。 

noset_analytics4

 

 

「新しいフィルタ」のページでは、以下のような設定を行なう。

・任意の「フィルタ名」をつける(「言語 notset リファラスパム」と付けてみました)

・フィルタの種類「カスタム」を選択

・フィルタフィールド「言語設定」を選択

・フィルタパターン「not set」と記入(notとsetのあいだには半角スペースを入れます)

notset_analytics5

 

「保存」をクリック。

notset_analytics6

 

 

2)「ブラウザー / not set」のフィルタリング

任意のフィルター名をつけ、フィルタフィールドは「ブラウザー」を選択する。そのほかの手順は、上記とまったく同じです。