コンピュータをはじめて、ずっとMacをつかっている。さいきんはChromebookとつかいわけている。

ところで、Gitはむかしから利用できたのかねぇ。

たぶん、できたんだろう。ただ、知らなかったという。

はじめはGitHubから。いろいろやっているうちに、Gitを知ったという。

やっているうちに、とまどったのは、どこまで(ローカル上の)Gitなのか、どこまで(ネット上の)GitHubなのか、さっぱし分からなかったことだ。

ま、目的が達成できたなら、GitもGitHubの境界など問題ない。ただ、なんとなくモヤモヤ感がのこるわけネ。

たぶん、こうでしょう。

git init
git add
git commit

ここまではローカル(Git)。

で、

git push

にて、

ネット(GitHub)へ、というかんじだろう。

もっとも、GitHubは、メモていどにコードをあげているだけ。

必要におうじてPull Requestをしてコードを書いてもらったり、逆に(ボランティアで)コードを書いてあげたりできる人は、うらやましいねぇ。そこまでいくと、おもしろいだろうなぁ。