iPhoneを落とす。いつも無事だった。昨日、また落とした。無事では、なかった。表面のガラスに、ひびが入ってしまった。でも、意外にショックは少なかったんだなぁ。ハクがついたと、思わなくもなかった。

iphone_damage

しかし、しばらくすると、文字が見えにくかったり、あかるい色の画面の背景では、ひびが目立ったり、気になったりするんだなぁ。

 

で、ソフトバンクのショップに行って相談してみた。どうやら、安心保証パック(といったかな?)に入っていたみたいである。

アップルは数十分以内で修理できないばあい、新しいものに交換する方針のようで、「ああ、アップルは時間をコストとして、とらえているんだな」と思ったりしたが、ま、それはさておき、こちらの事案は、まさに交換の対象である。

どうやら保証パックに入っていたおかげで、通常より8割引きで交換できるそうである。

で、ここで考えた。じゃ、この8割引きの8割は、だれが負担することになるんだろう? まさか、孫正義が保証していたわけはないよね? いや、むしろ商売人の孫さんだから、損をするプランを立てるわけはないだろ?

ちなみに交換するばあいは、いったん全額支払い、その8割ぶんが毎月の支払から均等に割り引かれることになる(最終的には帳尻は合うけれど、損したかんじなのだ)。

それにしても、その8割ぶんのお金は、ほんらいソフトバンクに入ってくるお金が入ってこないわけだから、そのぶんは(同社の収入からするとチリのような金額だけれど)毎月の売上の中から、まかなわれるのだろう。経理上の処理はどうなっているか、見当もつかないけどネ。

で、ここまできて、さらに考えた。iPhoneの故障に際しての保証ぶんは、はたしてキャリアの加入者でワリカンにすべきか?

どうも、こういうケースは、やはりiPhoneをつくっているアップルのユーザーどうしで、ワリカンにする方がスマートな気がする。ということは、ソフトバンクの安心保証パックではなく、アップルのアップルケアに入っていた方が良いような気がしてきた。さらにいえば、iPhoneはアップルからSIMフリーで購入して、それから(キャリアの2年しばりにとらわれることなく)キャリアを選べた方が理にかなっている気もしてきた。