金融機関の日銀の当座預金の付利がマイナスになり、その余波で、預金者の預金から金利分が差し引かれることはないだろう。でも、名目を変えて、預金手数料がとられるということは、ありそうだ。

逆はどうだろう。預金ではなく借入れのばあいネ。

お金を借りたら、金利分がもらえる。これは、さすがに、ないでしょう。

じゃ、イメージとして借入に対して金利分がもらえるとしよう。でもさ、それでも元金は支払っていかなければならないじゃない。あたり前だよねぇ。

要は、世情が不安的で、この先、お金を払ってけるかどうかという不安感の方が、金利云々より先立っているという。そんなことを言ってみたいわけ。

いくら日銀が金融機関に貸し出しのインセンティブを促しても、その先の、たとえば設備投資や住宅購入は、思ったほど進まないと思うんだなぁ。どうだろ?