ひとが話すことでも、書くことでもいいや。

ともすると、話す側や書く側は、理屈にこだわりがちだし、

逆に、聞く側や読む側も、理屈に合っているかどうか優先しがちだ。

そういうオレも、そういうところがある。

でも、さいきんは、話すのも、それから書くのも、ただしゃべりたいだけだし、ただ書きたいという。そちらの方が大きいんじゃないのかとおもうようになってきた。ほらね、もう理屈っぽくなってる、

って、ま、それはさておき、理解も理屈では及ばないんよナ。

この種のことでよく引き合いに出されるクルマの運転がそうだし、さいきんではプログラミングの引数や戻り値がそうだとおもう。理屈でとらえようとすると、どうしても分からないんだわ。

さらに言えば、複式簿記も理屈で考えようとすると身が縮んでしまう。もうそういうもんだと、してしまうほうが良いみたいな。たとえば、こんなかんじ。これ備忘録です。