ウェッブ上に表示されるフォント

 

このウェッブサイトは、WordPressを利用して作成している。

ブログのエディタ用 Plug-inは、Tiny MCE Advansedを使っている。フォントの文字など気にせず、ただただ書いている。なので、閲覧者のブラウザーには、それぞれのブラウザー側で設定されているフォントが表示されているはずだ。

ちなみに、ブラウザー上にデフォルト状態で表示される(自分でとくに設定していないばあい表示される)フォントは、以下のような感じらしい。

(http://www.6666666.jp/design/20140428/より引用)

 

Safari 7 / Mac 10.9

Helvetica / ヒラギノ角ゴシック ProN

       

Firefox 25 / Mac 10.9 

ヒラギノ角ゴシック ProN

 

Chrome 30 / Mac 10.9

ヒラギノ角ゴシック ProN

 

IE 11 / Win 8.1

メイリオ

 

IE 8 / Win 7

Arial / MS Pゴシック

 

Chrome 30 / Win 8.1

MS Pゴシック

 

 

一方、スタイルシート(font-family指定)を利用して、書く側でフォントの種類を指定することもできる。Tiny MCE Advancedでは、あらかじめ「フォントファミリー」のタブが用意されており、好みのフォントを選ぶことができる。

フォントを選ぶと(たぶん、ブラウザー側でフォントがないばあいに配慮され)、そのフォントのほかに、類似したフォントも自動的に指定される。たとえば、以下のような感じ。

 

Andale Monoを選ぶと、

andale mono

times

   

Araiを選ぶと、

arial

helvetica

sans-serif

   

Arial Blackを選ぶと、

arial black

‘avant garde

   

 

ま、もっとも、ブログを書くにしても、いちいち文字の種類を指定するのは面倒なので、オレのばあい「指定なし/ 閲覧者のブラウザーまかせ」で行くよん。

 

ソフトバンク光のセッティング

 

ソフトバンク光に変えた。いままで使用していたNTTの「ひかり電話ルータ」(終端装置)は現状のまま、ソフトバンクの「光BBユニット」をつなげるという。

 

softbank_hikari1

でもさ、これって、両方ともルーターになってしまう、いわゆる二重ルータじゃないの。杞憂かもしれないけれど、いずれかのルータ機能をオフにしたい。で、どうやら「光BBユニット」のルータ機能はオフにできないようなので、おのずと「ひかり電話ルータ」の方をオフにすることに。

 

softbank_hikari2

 

ちなみに、その手順については、自分の備忘録として、ブログに書いてある

 

ついでに、その際にNTTの「ひかり電話ルータ」の設定をするためのパスワードをすっかり忘れてしまっていたので、その対処法についても、記している

 

で、心配ごとは、それだけですまなかった。IP電話の接続は、どうすりゃいいんだ。いままでは、NTTのVoIPアダプターを使用していたけれど、

 

softbank_hikari3

 

ソフトバンクに切りかえ、どうすれば良いのか。さいしょは、このように接続してみたが、

 

softbank_hikari4

 

 

あ、違いました。けっきょく、ソフトバンクのサポートセンターにたずね、NTTにまで問い合わせ、けっきょく、次の図のようになった。ソフトバンクは、VoIPアダプタについて知らないし、NTTはIP電話にはVoIPアダプタが必要だと思い込み。。。ということで、聞いている方が、振りまわされてしまったよ。

 

softbank_hikari5

ま、なんのことはない。ソフトバンクの「光BBユニット」は、ルータ機能だけではなく、VoIPアダプタの機能も兼用していたという。そういうかんじだろう。機器の裏側の配線は、つぎのようにシンプルだ。

softbank_hikari6