取材の変容

取材というと、その目標は、何かの媒体に載せることだと思ってしまう。

媒体とは、ある人と、ある人を媒介するもの、

媒介とは、両者の関係を仲立ちすること、である。

つまり、ここで言う媒体とは、新聞、雑誌、ウェッブサイト等を指している。

この視点でみれば、SNSも媒体と言えるけれど、人が多く出入りする(駅のような)プラットフォームという、とらえ方もできる。

たぶん、後者の方が感じが出ているよね。

プラットフォームが主流になって来ると、取材の立ち位置も変容してくる。

媒体に載せることが、その目標ではない。

そして、媒体を通じて、誰かに知らせるというより、むしろ、自分自身が知るために行うものとなって来る。

なんていうことはない、人に会うことすべてが取材とも言えるわけで。

要は、場合によって、取材しているか、していないかの意識の違いだけなんだわ。