亡くなった友人は、いぜん「ツイッターは、ただつぶやくだけで、それでどうなるんだ」的なことを言った。そのときは、口に出さないものの、こころの中で反発した記憶がある。

ま、でも、いままで、ツイッターをつづけてきて、いまでは友人の言ったとおりだとおもうよ。

ツイッターはつぶやくだけ、ブログはただ書きたいだけなのである。それに対して、なにかリアクションなどは基本的にはない。SNSは知らないひとと、つながれるという説があるけれど、「いいね」がついたり、コメントが寄せられても、そのいっしゅん「おっ」とおもうだけの刹那的なものなんだ。

なのでツイッターなど「しょせん刹那的なものさ」と言いたいけれど、ひとつの話題について「リツィート」されたり、またつぶやいたりされて、えらいことになることもある。いわゆる炎上である。あれ、ここまで書くと、ツイッターって影響力あるなぁ…

オレがつぶやいても、それっきり。でも、あること、あるいは、ある人のつぶやきは影響力をもってしまう。この差って、なんだろね。