ネット上に情報をアップするのはカンタンだ。フェイスブック、ツイッターなど利用すれば、すぐできてしまう。

自力でアップするのも、そんなに、むつかしいことではない。

サーバーを借りる。htmlファイルをアップする。以上、である。

htmlファイルは、ブラウザーが読めるように、htmlという簡易型の言語で書く。

このばあい、そのウェッブページは、印刷みたいに、ぺったと貼りつけたようなページとして表示される。

ところで、htmlファイルのおもしろいところは、htmlの記述に交えて、スクリプト言語が書けることだとおもう。

たとえば Javascriptを書き込んだページをサーバーに保存しておく。

ブラウザーには Javascriptを動作する機能が装備されているので、そのページには、Javascriptで記述したスクリプト言語の指示にしたがった情報が表示される。

要はhtmlのみのベタの表示に対し、スクリプトを書き込むことで、動的な表示が可能になる。

さらりと言ってしまったけれど、この動的な表示がウェッブサイトの可能性をずいぶん広げたと、おもっているんですねぇ。