かんがえなくても使えるものが良い。

モノというのは、年々ふえていくので、なおさらだ。

つかい慣れているからだろうけれど、それでもiPhoneはAndoroidよりつかいやすい。直感的に操作できる。

MacもAppleWatchもそういうかんじで、アップルはスムースさを売っているといっても良いくらいだ。

アマゾンのサービスや製品も、つかいやすいなぁ。

ご存知のとおり、モノを買うには、ワンクリックですんでしまうし、

サポートもスムースで、あちら(サポートセンター)から電話がかかってくるんだぜ。さいしょ「え、マジか」とおもったもんなぁ。

モニターに装着し、映画やYoutubeといった映像をみるドングルも、アマゾンのFireStickが、いちばんスムースだとおもう。

ChromeCast(グーグル)の、ほぼYoutube専用に対し、FireStickはアプリを通じて、 NetFlicks、AmebTVなどを鑑賞することができる。

こういう使いやすさの裏には、かなりのプログラムが動いているはずで。優秀なプログラマーを囲い込めた企業がとても優位だとおもうわ。