じかんを見つけては、イーサリアムのチュートリアルをやっている。

Web3.jsのダウンロードで、つまずいていた($npm install web3@1.0.0-beta.2.6)

なんども、きょろきょろやっているうちに、Python2系なくしてインストールできないことを、さとった。

 Ubuntuで、Pythonはどうなっているんだ。そんなところで、すでに、つまずいているわ、オレ。

で、くじけず、しらべてみた。どうやら、UbuntuにはPythonは、デフォルトで入っている。

けれど、現状が、Python3系になっていたため(python2系になっていなかったため)web3.jsがうまくダウンロードされなかったらしい。

切り替えるには、$python global {$目的のpyhonのバージョン名$}のコマンドを打てば、よろしい。まぁ、こうである。

じっさいにやってみて、ようやくWeb3.jsがダウンロードできたという。

ところで、言われるままの、web3.jsであるわけで。ここで、その意味について、まとめてみた。以下のとおり。

Web3.jsはnpmのライブラリ。Javascriptで実装されていて、ブラウザーからでも、ブロックチェーン上のデータにアクセスできたりする。