ビットコインは仮想通貨だ。

それは、イエスでもあり、ノーでもある。

仮想通貨の名前でもある一方で、そのブロックチェーンを活用したエコシステムもビットコインという。

ちなみに他のケース、たとえば、イーサリアムのばあい、エコシステムはイーサリアムだが、仮想通貨はイーサという。

コインチェック社の、仮想通貨の秘密鍵が盗まれ、大量の仮想通貨が流出し、マスコミでも大きくとりあげられた。

そして、盗難された仮想通貨はZEMであり、そのエコシステムはNEMという。

とうじ大手新聞各社は、このことを一面で取り上げていた。記事はZEMとNEMを混同して書かれていた(と記憶している)。

ま、たしかに、ややこしいけれど、このへんをおさえておかないと、トークンが、わからない。

トークンとは、ビットコインやイーサリアム上で(知識のある会社や人がつくった)クーポン券のようなものだ。

発行されたトークンを持っていれば、その会社に関する何らかの役得があったりする。

たとえば、Tポイントのポイントをイメージすれば、よろしい。

報道によると、Lineがトークンを発行するようで(LINKトークン)。いずれメルカリも 参入するでしょう。

で、Lineは(現状のサーバー、クライアントのappに対し、ブロックチェーン上のアプリである)Dappを広めていきたいという。

ま、これは、とても良いことだと思うぜ。

なにせ、いままでのDappは、ゲームをしたり、キャラクターをゲットしたり、そのような、くそアプリ(いや、失意!)しかなかったわけだからサ。

Lineが提案している質問/回答系のアプリと、Dappは、とても相性がいいと思う。少なくと、オレ、利用したいですね〜