MacBookAirをつかっている。

いざというときの2台めのChromebookは、すでに故障してしまっている。

 アップル製品は高価だけれど、安定しているとおもう。

ただし愛用のMacBookAirは5年間つかいつづけていて、トラブルに対するケアを厚くせざるをえない。

ケアなどと書くとキザっぽく聞こえるけれど、要は、バックアップを考えておく必要があるということだ。

すべてのMacには、設定さえしておけば、自動的に外付けHDにバックアップされる便利なTimeMachineがそなわっている。

しかしこのアプリは、不都合な状態になると、迷路にさまよってしまう。じっさいのオレが、そうだ。

昨年の11月よりバックアップされていないし、あらためてやろうとすると、途中で止まってしまう。

あのサ、手持ちにはデータはあるわけネ。100GB以上もある。でも、それ、ぜんぶ必要なわけねーだろ。

いぜんから、そんなことを、なんとなくおもっていて。

こんかいのTimeMachineのトラブルに接して、そのことが実際的なことがらになってきたわけよ。

1. 各種パスワードの管理ファイル
この保存は必須

2.写真や映像のファイル
こちらも保存しておきたい

3.Linux系の仮想環境のファイル
新たに開発環境を作るのは大変なので、こちらも保存しておこう。

4.初期設定などMacに最低限に必要なファイル。
保存しておいた方がよさそう(ただし、それが何なのか、くわしい人に聞いてみる必要あり)

以上。これを(不都合な現状の)TimeMachine以外にバックアップをとる。こーいう方針で行こうかねぇ。