人間の性をいえば良いのかねぇ。

そもそも、トクもしないことに、コスト(手間や時間やお金)をかける人は希少でしょう。

ブロックチェーンは、生成される、一つひとつのブロックにナンス値が求められる。

そのナンス値は、ハッシュ値の(上4ケタかな?)がゼロになるような数値でなければならない。

計算には、いまや、そうとうのコンピューティング、すなわち初期投資や電力が必要になっている。

そんなことをしてまで、ブロックを改ざんしようとするのは、やはり人の性の逆をいっているようにおもう。

ちなみにブロックのナンス値やハッシュ値は、参加者のあいだでシェアされている。

たとえば、一人のパソコンをハックして、数値を改ざんしても、ほかのひとのデータとちがうので、すぐにバレて真正のデータに戻されてしまうだろう。

もし、やるなら、すくなくとも51%のパソコン等をハックしなくちゃならない。そこまでして、どうすんの。割にあわないだろうよ、と、まぁ、こうなる。

サーバーなら、基本的に、アカウントとパスワードがわかってしまえば、データは改ざんできてしまう。

いま書いているこの文章だって、サーバーのアカウントとパスワード、それからデータベースのそれらがハックされれば、書きかえられる。

はじまりから約10年。すくなくとも、ブロックチェーンのハックは聞かないなぁ。