いろいろ言われているけれど、コインチェック社はがんばっているとおもう。個人的には、応援もしている。

じつは、ぼく自身、同社の口座を持ってる。ただし取引はしていない。取引口座の手続きが確定した翌々日、例の、同社ZEM(NEM)の不正流出事件のニュースがいっせいに流れたからだ。

げんざい、だいぶ落ち着いてきているので、気になる仮想通貨を購入しようとおもう。

といっても、投資目的ではない。参考目的である。

ニュースを読んでいるだけでは分からない。じっさいに試してみることで分かることも、あるだろう。ま、そういうかんじだネ。

参考のためなので、予定金額は書類の購入ていどを予定している。数千円単位になるとおもう。

ところで、ほんらいの仮想通貨は投資目的になるようなものではない。敬愛する伊藤穣一が近書で述べているように『インターネットのように「ディセントラリゼーション」に向かうこと」を理念としている。国家のような中心を持たない通貨を支持するリバイアサン的な発想にある。

ネット上には、世の中すべてが仮想通貨になるという意見があったりする。だが個人的には、そうはならないとおもう。なるとしても、遠い未来になるにちがいない。

ただし、仮想通貨の方が使い勝手の良い場面では、それが利用されるようにはなるでしょう。

たとえば、分からないことがある。ネット上で質問する。良い答えが返って来た。なにか、お礼をしたい。そのさいには、じっさいのお金より仮想通貨の方が素直な感じがする。

ネット上で、個人の不要なものを、必要な人に貸し出すプラットフォームがある。とても良いアイデアだとおもうけれど、イマイチ苦戦をしている。この場合も仮想通貨が介在すると、スムーズになったりするのではないか。シェアウェアのソフトウェアも同様だ。

こう書いて来て、いま、ふと仮想通貨はシェアと親和性が高いような気がしてきたよ。